トレーニングメソッド 「清澤式ロンド」 とは?

キミは、、、

やれる!やれる!まだやれる!

まだ終わっていない!諦めない!

追いつき、追い越す!

15年をかけて進化し続けているトレーニングメソッド、清澤式ロンドによる育成なら、

『気付くことが出来る』!!!

清澤式ロンドは、究極の自由を得るためのトレーニングメソッドです。

ボールを持った時の個人技・ひらめき、準備ポジションとポジショニング、動き出し/動きなおしによる連動・連携、狭い空間と広い空間の支配、圧倒的優勢をつくりながら攻守連動していくこと。

そんな到達点を目指す道しるべ。

ポジションは在って無いようなもの。

誰もが自由に飛び回り、グングン相手ペナルティエリアに侵入していく。

すべてはゴールを奪うために!

GK~FWまで「攻撃は最大の防御なり」という考えに基づいた超攻撃的サッカー、その成長に準じた守備を身に付けていきます。

常識の中の真の常識を探り続けてきました。

☆攻守の行動軸「ゴールを目指す。ゴールを守る。」

☆「見て」→ 「選択肢」を持って → 「選んで」 → 「実行する。」

こんな当たり前のことを、当たり前にぶらさず、このメソッドでトレーニングしてみてはいかがでしょうか?

量産型のそれなりの選手で満足するか?

自由の翼を持った、キミにしか出来ないサッカーをする唯一無二の選手になるか?

ブレッサ相模原では、一人一人自由に羽ばたいてもらうために「捉われ」から選手たちを解き放っていきます。

五感を使い、第六感を引き出せ!

自分が「見たもの」「感じたもの」から予測し、決行する力(ひらめき)を身に付ける。

それが清澤式ロンド!!!

    最短最速の育成スピード ~ より分かりやすく・より簡単にを追求 ~

☆基礎編

(清澤式ロンドに基づく攻守の基礎、フィジカルの基礎向上、間合い/清澤式カポエラ等)

☆ファーストバージョン

(導入編/ビルドアップ&基礎的な守備 スペースと流れを知る)

☆セカンドバージョン

(応用編/中盤の支配 攻守連動の距離感・動き出し/動きなおし・タイミング等)

☆サードバージョン

(洗練編/様々にゴールへ迫る ペナルティエリアへ怒涛の侵入・アイディア/ひらめき)

おおまかには、以上4つの構成です。

これにより大幅に強化が見込まれるものは、

☆フィジカル的要素各種

☆基礎・基本技術各種

☆ハイボール・ルーズボールの対処&かけひき

☆長短ドリブル突破力・キープ力

☆間合い(攻守に圧倒的優勢が持てる)

☆パスセンス(多彩なキック)

☆ポジショニング(5つの基本と2つの隠れポジショニング・距離感・角度・タイミング)

☆連携と個(的確な選択・決断力・タイミング・リズム)

☆独創的なアイディア

☆試合の流れのコントロール(意図的な試合運び)

☆コーチング(声出し・指示・味方のコントロール等)           etc

【 達観 】

このTRの下、向上し始めるとサッカーの見え方・考え方が明らかに変わります。

心がコントロール出来るようになり冷静に状況や流れを見極め、さらには状況や流れを自らでコントロールしプレーしようとする時間が圧倒的に増えます。

プレーに置ける答えはそれぞれの自分の中にあり、それぞれの個性によってそれは異なります。

ここまで到達した時こそが、真の自由への扉が開いた時と考えます。

この扉をくぐった後、考えずに体が勝手に反応することが圧倒的に多くなります。

すべてがスローモーションに見えたり、凄いプレーをした後に「あれ、体が勝手に動いていた。」なんて思ったり。

清澤式ロンドは、この域まで到達する選手の量産を目指し作り上げてきました。

そして、多くの選手にプロや日本代表選手へとサッカーの夢を広げて頂きたい。

私たちのもうひとつの夢は、このメソッドでしっかりと育った選手でトップチームを構成すること。

もし、達観した選手たちが11人以上揃ったら…

チームスタイルは、もはや何でもあり(Vale tudoヴァリトゥド)!!!

プレーは何でもありなのに、達観した一人ひとりの心は ‷無‴ になる(ひらめき×ひらめきの連続)。

個々における無の境地のコラボレーションを魅せる驚異のチームを発足させることこそが、ブレッサスタイルのゴール。

スーパープレーヤーたちを輩出し、排出し続けることを目指し、選手を育てるために絶対に留まらず、決して満足せず、まだまだ進化に進化を重ねています。