越川秀斗くん ブラジルへ渡って2週間経過…

October 06, 2018

越川君より

 

ブラジルに来て、約2週間少し経ちました。 
日常生活は、徐々に慣れてきてます。
ただ、練習中の言葉が理解できないのが辛いところです。 

 

しかし、こっちの人たちはみんな、すぐ仲良くしてくれてとてもいい場所です。 
料理も美味しくて最高な毎日を送っています。

 

これから、こっちのサッカーをもっと見て、実践して、練習を繰り返して、自分のものにしていきたいと思っています。 

越川秀斗くん 現地世話人・元川崎フロンターレのジェシ氏

September 18, 2018

Jリーグ、川崎フロンターレでも活躍した、ジェシが越川君の世話人です。

日本とブラジルの架け橋をして、若い日本人選手の力になることが「日本人への恩返し!」と言ってくれるジェシ。

頼もしいです!

ブラジルと日本の時差は12時間ありますが、

今や、携帯電話、TV電話、SNS等あらゆる手段で連絡が取りあえるので、とても安心です。

9月18日 越川秀斗くん ブラジルへ出発

September 17, 2018

ブラジルの法が急に変わり、ビザ取得の件で色々とありましたが…、

2018年9月18日(火)、成田空港よりブラジルへ旅立ちました。

エミレーツ航空EK319便→ドバイへ。所要時間10時間40分。

5時間待ち。

エミレーツ航空EK261便に乗り換え→ブラジル・サンパウロへ。所要時間14時間55分。

4時間待ち。

ランチリ航空LA3809便に乗り換え→パラナ州クリチーバへ。所要時間1時間。

一人でブラジルへ向かいましたが、渡航ルートは事前にしっかりと把握し出来るだけ不安を取り除いて出発しました。

また、ドバイ、サンパウロでの乗り換えの際も、ラインやSNSを使って連絡やりとりし無事を確認(今の時代は便利ですね~)。

現地では、プラカードとネームプレートを持った世話人(写真は越川君と同い年の息子さん)が迎えに来てくれ、無事に合流出来ました。

トップチーム所属 越川秀斗くん

November 29, 2017

徐々に、ブラジルへの出発が見えて来てます。
それに伴い、色々なことが頭でいっぱいです。   行ってみないとわからないことですし、何があるかもわかりません。
だけど、今日本にいる時間も大切にして、ここブレッサ相模原の監督さんをはじめ、仲間と共に、自分のベストな状態を作りブラジルに臨みたいと思っています。
こういう出会いにも常に感謝して、毎日を過ごせるような選手になりたいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

越川秀斗くん ~ブラジルの行き先候補~

October 21, 2017

受け入れ先候補が贅沢にも3つも!!!
以下はそれぞれの金額・内容、そして本人、ご家族様の希望などを聞きながら決定していきたいと思います。
(1)JAC(Jatai Atretico Clube)-ジャタイーアトレチコクルービ
ゴイアス州ジャタイーに所在。
某現役ブラジル人J1リーガー「E氏」のお力添えにて、同氏の代理人も含むブラジル人代理人グループが数名で作った育成センター(写真を見るとスゴイ施設!)。聞くところによると国内外から才能ある選手を集め、サッカーの英才教育をかけて、ブラジル国内・ヨーロッパなどに売り込むのだとか(言葉は悪いですが)。もしプロでやっていける力を身に付けることが出来たならすでに確立されている代理人たちのグローバルなネットワークがすごく魅力的だと思います。ちなみにブレッサ相模原の代表である清澤とかつて日本で一緒にプレーしていたブラジル人選手とその家族が何と同じこの町に在住。清澤は今も彼らとつながっているので、このクラブに行くのなら片言だけど日本語も話せる彼らにもよろしく伝えておくとのこと。
②ブラジル人元J1リーガー「J氏」がつくったトレーニングセンター(バイーア州)
ブラジルではこのようなチャレンジの場合、クラブの施設にて食・住も込みで面倒を見てくださるのが通常ですが、何よりもここは月々のコストが安価であることが大きい。
また早ければ、現地到着後に1~2か月のトレーニングを行って力を身につけた後、プロチャレンジのチャンスを頂けるとのこと。そうは言ってくれても相当な力を身に付ける必要がありますね。正直言うと常識的にチャレンジまで1~2か月どころの話ではなくなるのではないかと思っています。でも挑戦者である越川君次第⁉
プロチャレンジの場所は、ブラジル国内の超名門・超強豪ビッグクラブ、バイーア、または、ヴィトーリアとのこと。
③ブラジル人元J1リーガー「J氏(②の人とはまた別の人)」の紹介クラブ
サンパウロ州などのしっかりとしたプロクラブを提案してきてくれています(いくつかあるのでまだ名称は控えますがどれも歴史ある1部リーグのクラブです)。
ネットワークを広げるために動いてきたこの1年間、コーチや選手として留学希望の人が数人居ました。その内3人の受け入れ先の相談をしていた時からのお付き合いです。その時もとても安価で、とても挑戦しがいのある内容をクラブに通してくれていました。つい先ほどの話なので詳細はまだ伏せますが、越川君に対しても魅力的な提案を申し出てくれました。金額・内容を詰めてから公表出来るようなら公表しますね。

トップチーム所属 越川秀斗くん ~ブラジル挑戦へ準備中~

October 18, 2017

はじめに ~ブレッサ相模原から贈る言葉~
ここでは地域から世界、プロサッカー選手を目指す若者の真実のみをお伝え致します。
昔も今も地域には、すでにエリート街道から遠く離れていながらもプロへの夢を拭いきれない選手がいます。残酷ながらも当クラブでは彼らに正直に伝えていますが、彼らがプロになれる可能性は限りなくゼロに近い。
夢見る彼らの殆どに共通している最初の壁は、自分自身。とても甘い妥協の日々を改められるかどうか。すでにプロ選手として活躍している人々ですら日々君たちの何倍もの努力をしています。
夢見ている時は夢を見ているだけなので心地良いです。希望にも溢れます。でもいざ歩み始めると現実が待っています。
サッカーでは心技体足りないところだらけということが残酷に証明されていくでしょう。
また海外へ挑戦する以前に、社会から大きく外れたこの道にとてつもなく大きな恐怖や不安が生じることもあるでしょう。さらに単身海外へ渡るには経済的な問題、法的な問題等も必ず付きまとうことになるかと思います。その他、思い掛けない様々なことで挫折するかもしれません。
このチャレンジがどれくらいの期間、またどこまで続くのか、私たちにはまったく分かりません。もしかしたら、ものすごく短いチャレンジだったということにもなり得ると思っています。
このページではそんなことも含めて、すべて正直に「挑戦するということの真実」を綴ってもらいたいです。
ブレッサ相模原から海外へのルートは作りました。公表したら誰もが驚くような立場の人々が君たちの想いを信じ、今の君にはもったいないほどに素晴らしいチャレンジの場をセッティングしてくださいました。
応援され続ける存在になるも、見放される存在になるも、君たちの日々の歩み方次第です。君たちはそういう世界にすでに踏み込んだのですから。
そういう意味での『プロ意識を養え』。
どんな更新であれ、君の更新を身近にいるブレッサの仲間たちがとても楽しみにしています。
Please reload