2019.01.27 4・5(・6)年生 TRM vs 砧南SSC(世田谷)U-11 ~ その日その時は、1歩また1歩、少しずつ近づいているのだ! ~

January 26, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《   4・5(・6)年生  》
◎試合種別《  練習試合  》


■日程/ 1月27日(日)
■天候/ 晴れ
■場所/ 湘南小学校
■帯同/ 清澤、しょうごコーチ
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×4試合
■対戦相手/ 砧南SSC(世田谷) U-11
■フォーメーション/ 3-1-3


(前半チーム)
※右から
GK/ 4年みずき
DF/ 4年かい(つばさ)、6年りく、4年まなと
MF/ 6年そうま(るか)
FW/ 6年りお(6年そうま)、しんちゃん、4年ふうま
※休み/れいま


(後半チーム)
※右から
GK/ 6年りく
DF/ うめちゃん(とうま)、とうま(4年みずき)、つばさ(4年かい)
MF/ るか
FW/ 4年こうへい(さきな)、4年みずき(4年そうあ)、4年しゅんや(4年ぜんた)




【試合結果】


( 1試合目 前半 )
■スコア/ 0-0 引き分け
■得点者/


( 1試合目 後半 )
■スコア/ 0-0 引き分け
■得点者/




( 2試合目 前半 )
■スコア/ 0-0 引き分け
■得点者/


( 2試合目 後半 )
■スコア/ 0-2 負け
■得点者/




( 3試合目 前半 )
■スコア/ 3-0 勝ち
■得点者/ ふうま×2、りお


( 3試合目 後半 )
■スコア/ 1-2 負け
■得点者/ るか




( 4試合目 前半 )
■スコア/ 2-0 勝ち
■得点者/ ふうま×2


( 4試合目 後半 )
■スコア/ 1-0 勝ち
■得点者/ みずき




(総合)
★前半チーム/ 5-0 勝ち
★後半チーム/ 2-4 負け






■総評/ 清澤


【テーマ】 立ち返る場所を持つ
★心/ 声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)
★戦術/
『シンプルに相手コートに入る』
『相手コートに全員入ってから』
『相手コートでは、ゴール前に素早く!』
加えて前半チームに、、、
『鬼回しをする意識でプレーする』



1月27日(日)。
湘南小学校へ、砧南SSC(U-11)さんにお越し頂きました。
まずは元気が印象的でした。
それと高いラインのコントロール、戻りの速さも特徴でした。


【前半チーム】
まだ立ち返る場所を共有出来ていない選手が2名いる状態を脱却出来ておりません。
意識してもらいながら繰り返し試合をこなしていくことが今の彼らにとっては大切なこと。
意識が成長するまで、粘り強く付き合っていきたいと思います。

またチームとして今、何を意識してゲームを進めるべきか、感じ取り、コミュニケーションをとり、共有しながら試合を進められるように、なることが全員の課題。
今日も、思い通りにいかないと、すぐにおとなしくなる姿は変わりませんでした。

新たに加えたベース、『鬼回しをする意識でプレーする』。
これが、個性や真実の自由を発現するための鍵になります。

1試合目、2試合目は、これがネックになり、『相手コートへ早く』、『ゴール前に早く』の基本意識が抜けてしまった人が多数。
さらに大チャンスにシュートを思い切れなくなるなど、戸惑いが強く出ました。

但し、3試合目、4試合目には戸惑いの中にも良いシーン、良い時間帯を作れるようになっていました。

取り組みの方向性に問題はないと思います。
引き続き、取り組んでいきたいと思います。

また好調のかいを先発で出してみましたが、「このメンバーの先発にはまだちょっと早いかな?」という印象でした。
チョロチョロと慣らしていきたいと思います。


【後半チーム】
3トップを担う6名の内、5名が立ち返る場所をまったく共有出来ずにプレーしています。
まずは共有事項を意識しながらプレーする習慣を育むことに努力していきたいと思います。
但し、しゅんやに関しては取り敢えず走れるようになってきていることを再確認。
良い兆候が見られています。

DFとボランチの4人に関しては、かなり良くなってきています。


砧南SSCさん、本日は良いトレーニングとなりました!
ありがとうございました!

またいつも暖かく応援してくださる保護者の皆様、本日もありがとうございました!



以上です。
取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.27 1・2・3年生 TRM ~きびしィ試合だってあるさ ~

January 26, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 U-9 》
◎試合種別《 練習試合 》

■日程/ 1月27日(日)
■天候/ 晴れ
■場所/ 寒川町立旭小学校
■帯同/ 遠藤
■試合形式/ 8人制 15分×6本
■対戦/ 
ASC(旭SC)U-9
関谷SC U-9
■フォーメーション/ 3-1-3

(チームX:右から)
GK/ かなた(2年)→ほうすけ(2年)
DF/ たいよう(2年)→あゆま(1年)、あゆま(1年)→ふき(2年)、えいた
MF/ ふき(2年)→るい(2年)
FW/ るい(2年)→かなた(2年)、やまと(2年)、ゆめ(3年)
ベンチ:

(チームZ:右から)
GK/ あゆま(1年)→るい(2年)
DF/ たいよう(2年)→ほうすけ(2年)、やまと(2年)→ふき(2年)、けんと(3年)
MF/ ふき(2年)→やまと(2年)
FW/ かなた(2年)、そうた、ともひさ(2年)→たける(2年・体験)
ベンチ: きみ(年長)
欠席: しゅんと、せあ、たくと


【試合結果】

(1本目: vs  関谷SC/ チームX)
■スコア/ 0-5 負け
■得点/

(2本目: vs ASC/ チームZ)
■スコア/ 0-0 引き分け
■得点/

(3本目: 関谷SC/ チームX)
■スコア/ 2-2 引き分け
■得点/ やまと×2

(4本目: vs ASC/ チームZ)
■スコア/ 0-0 引き分け
■得点/

(5本目: vs 関谷SC/ チームX)
■スコア/ 1-1 引き分け
■得点/ やまと

(6本目: vs ASC/ チームZ)
■スコア/ 0-1 負け
■得点/


(総合)
チームX計: 3-6 負け
チームZ計: 0-1 負け


■総評/ 遠藤

【テーマ】
立ち返る場所を持つ
★心/声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)
★戦術/
「シンプルに相手コートに入る」
「相手コートに全員入ってから」
「相手ゴールでは、ゴール前に素早く!」



【良かったこと・これからの改善点】

(チームX)
アップ時の雰囲気は悪くはなかったのですが、試合ではそれが一転。
相手の勢いもあり15分で5失点を喫しました。
「普段通りやるべきこと」が出来ていなかったのが原因ですが、空き時間が全て審判担当でしたので、良い機会と思い、選手達だけで話し合いをさせました。
その上でポイントを伝え、試合に送り出すと徐々に本来の落ち着きを取り戻してきました。
試合で不利になった時、立ち返る場所を持っているメンバーは今のところ主力メンバー2人のみですが、試合中では「効果的な声掛け」ができる人数を必ず増やしていきます。

得点を増やすことが出来なかった原因は、やはり前に人数をかけることができなかったこと。
トップのやまとを追い越せていないのに尽きます。
それができるたくとは休み、あゆまは病気明けで本調子ではなく、ゆめ、かなたは少しずつ追い越せるようになってますが、受けると全て失ってしまいます。
ただ、以前から考えると進歩してきているので、この継続と、新加入のるいを育てて層を厚くしていきたいです。

えいたは今日も好調でした!
思い切りの良いパスカットと受けた相手に対してのプレスは非常に良かったです!ボールを奪った後のドリブルも時折見せていたので、これからが楽しみです!


(チームZ)
今練習で継続している事なので、これからもっと良くなると思いますが、「蹴れない」選手が多いです。
ボールを遠くに飛ばせない、相手のいないところに蹴れない、味方に向かって正確に蹴れないのをまずは改善していきます。
ただ、これは練習した分だけ上手になるので、リフティングとキック(動いているボールを狙ったとことろに強く蹴る)を自主練してほしいです。

一方で、闇雲にならずに判断してプレーする選手が増えてきています。
慣れていないので判断できるまでに時間がかかってしまうことが多いですが、やっていることは間違っていないので判断のスピードをあげられるように継続しましょう!


【改善のポイント】
〇練習・試合後の「できた所」「できなかった所と修正方法」の復習(イメージ化・サッカーノートを使う)
次回は自分の判断でプレーの正しい選択ができるように取り組む。
〇自主練の習慣化/自分で課題に取り組む姿勢の創出



以上です。
取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

 

2019.01.26 4・5(・6)年生 TRM vs 北大和FC(大和)U-11 ~ うめちゃん復活・ふうま絶好調・走れるニューしゅんや! ~

January 25, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《   4・5(・6)年生  》

◎試合種別《  練習試合  》

 

■日程/ 1月26日(土)

■天候/ 晴れ時々雪

■場所/ 湘南小学校

■帯同/ 清澤、りゅうとコーチ

■試合形式/ 8人制15分ハーフ×4試合

■対戦相手/ 北大和FC(町田) U-11

■フォーメーション/ 3-1-3

 

(前半チーム)

※右から

GK/ 4年みずき

DF/ つばさ、6年りく、4年まなと

MF/ 6年そうま

FW/ 6年りお、しんちゃん、4年ふうま

※休み/れいま

 

(後半チーム)

※右から

GK/ 6年りく

DF/ うめちゃん、とうま、4年かい

MF/ るか

FW/ 4年こうへい(さきな)、4年みずき(4年そうあ)、4年しゅんや(4年ぜんた)

※見学/6年・まさ(インフル復帰)

 

 

【試合結果】

 

( 1試合目 前半 )

■スコア/ 4-0 勝ち

■得点者/ ふうま×2、りお、しんちゃん

 

( 1試合目 後半 )

■スコア/ 0-3 負け

■得点者/ 

 

 

( 2試合目 前半 )

■スコア/ 3-1 勝ち

■得点者/ しんちゃん、ふうま、りく

 

( 2試合目 後半 )

■スコア/ 0-1 負け

■得点者/ 

 

 

( 3試合目 前半 )

■スコア/ 3-1 勝ち

■得点者/ ふうま、りお、そうま

 

( 3試合目 後半 )

■スコア/ 0-2 負け

■得点者/ 

 

 

( 4試合目 前半 )

■スコア/ 2-0 勝ち

■得点者/ つばさ、りお

 

( 4試合目 後半 )

■スコア/ 0-2 負け

■得点者/ 

 

 

(総合)

★前半チーム/ 12-2 勝ち

★後半チーム/ 0-8 負け

 

 

 

■総評/ 清澤

 

【テーマ】 立ち返る場所を持つ

★心/ 声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)

★戦術/ 

『シンプルに相手コートに入る』

『相手コートに全員入ってから』

『相手コートでは、ゴール前に素早く!』

 

 

 

1月26日(土)。

湘南小学校へ、北大和FC(U-11)さんにお越し頂きました。

元気と個人の技術の高さが目立ちました。

サッカーは、ひたすらオープンにプレーするスタイル。

ただ、カウンターには速さと勢いがあって、とても怖かったです。

 

ブレッサは、前半チームには2~3名、後半チームは前線の選手全員。先週しっかりと表面化し良い方向に表われていた攻守のプレー意識が、またもやリセットされている人が目立ちました。

 

忘れたものをまた思い出してもらい取り組むのが、毎週の練習試合の意味のひとつ。

そして、また思い出して今日・明日の練習試合で出来るようになっても、またもや来週には忘れていることでしょう。

これの繰り返しで、無意識化に身に付くまで根気よく続けていきます。

 

↑ただこれは、攻守における基本プレーのこと。

我々ブレッサが練習で取り組んでいるのは、その先にある自由を得るためのもの。

驚異のサッカースタイルを生み出す、異次元のサッカーセンスを身に付けるためのもの。

試合では無意識化でこれが出てくるように取り組んでいます。

今日のところは、前半チームには4年生のふうまに特にその効果が表れていました。

後半チームでは、かいに。

その他、

長期離脱中だったうめちゃんのカムバック。

しゅんやが先週に引き続き走れるようになってきていること。

こちらから伝えれば、アグレッシブな守備が出来るようになったとうま。

こちらから伝えれば、先週に引き続きオーバーラップをし積極的に攻撃に出れるようになってきた翼。
収穫も多かった良い練習試合でした。

 

課題としては、

前半チームのDFラインは、インフルのれいまがいないだけでかなり不安定になってしまうこと(他の選手とれいまのレベルが開いてきている)。

全体として、まだまだ『やめられないこと』『フェイントで方向を変えられないこと』。

率直に言って、個人の面白さ、華麗さが不足しています。

これは、『ジンガ・ターン・回る・釣り出す』などのプレーがまだまだ身に付いていないことの証明。

来週は、この部分の強化も練習に取り入れていこうと思います。

 

 

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.26 1・2・3年生 TRM vs KSC(川崎)U-9

January 19, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 U-9 》
◎試合種別《 練習試合 》

■日程/ 1月26日(土)
■天候/ 曇り時々雪
■場所/ 湘南小学校
■帯同/ 清澤コーチ・遠藤
■試合形式/ 8人制 15分ハーフ×3試合
■対戦/ KSC(川﨑) U-9
■フォーメーション/ 3-1-3

(前半メンバー:右から)
GK/ そうた(3年)
DF/ たいよう、ふき、えいた(3年)
MF/ るい
FW/ かなた、やまと、ゆめ(3年)
ベンチ:

(後半メンバー:右から)
GK/ やまと
DF/  たいよう、ゆめ(3年)、けんと(3年)
MF/ ふき
FW/ そうた(3年)、かなた、ともひさ
ベンチ: きみ(年長)
欠席:しゅんと、せあ、たくと、ほうすけ、あゆま



【試合結果】

(1試合目)
■スコア/ 4-1(2-0、2-1) 勝ち
■得点/ ゆめ×2、かなた、ふき

(2試合目)
■スコア/ 6-0(4-0、2-0) 勝ち
■得点/ やまと×3、ゆめ×2、そうた

(3試合目)
■スコア/ 2-0(1-0、1-0)勝ち
■得点/ ゆめ×2


(総合)
前半計: 7-0 勝ち
後半計: 5-1 勝ち



■総評/ 遠藤

【テーマ】
立ち返る場所を持つ
★心/声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)
★戦術/
「シンプルに相手コートに入る」
「相手コートに全員入ってから」
「相手ゴールでは、ゴール前に素早く!」



【良かったこと・これからの改善点】

(前半メンバー)
久々にゆめの良さが出ました!
彼女の持ち味は何といっても切れ味鋭いドリブルです!
これからブレッササッカーを深く学んでいきますが、どこのポジションからでもその良さが出せるようになります、引き続き頑張っていきましょう!

これは全メンバー共通ですが、普段と違うポジションをやることは、とても良いことです。
様々なポジションを経験することによって本来のポジションでのプレーにも磨きがかかります。
普段やらないポジションを経験してどうだったか、本来のポジションに活かせる部分はないのかを復習してみてください。
成長の度合いが格段に早まります!


(後半メンバー)
えいたの成長を試合で確認できました!
ボールへの反応がより早くなり、プレーも迷わずはっきりとしています、素晴らしい!

同じくけんとも、ボールを奪った後、比較的早目にトップを見てシンプルにボールを供給していました、素晴らしい、続けよう!


【改善のポイント】
〇練習・試合後の「できた所」「できなかった所と修正方法」の復習(イメージ化・サッカーノートを使う)
次回は自分の判断でプレーの正しい選択ができるように取り組む。
〇自主練の習慣化/自分で課題に取り組む姿勢の創出



以上です。
取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.20 1・2・3年生 TRM ~ なめたらアカン!相手も強くなってきている中で ~

January 19, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 U-9 》
◎試合種別《 練習試合 》

■日程/ 1月20日(日)
■天候/ 曇り
■場所/ 湘南小学校
■帯同/ 清澤コーチ・遠藤
■試合形式/ 8人制 15分ハーフ×3.5試合
■対戦/ 相模台SSC U-8
■フォーメーション/ 3-1-3

(前半メンバー:右から)
GK/ そうた(3年)
DF/ たいよう、ゆめ(3年)、ほうすけ(たくと)
MF/ ふき
FW/ かなた(よしと(3年))、やまと、たくと(るい)
ベンチ:

(後半メンバー:右から)
GK/ やまと
DF/ たいよう、えいた(3年)、ほうすけ
MF/ しもん
FW/ そうた(3年)、かなた、せあ(3年)
ベンチ:きみ(年長)
欠席:しゅんと、けんと、ともひさ、あゆま


【試合結果】

(1試合目)
■スコア/ 1-2(1-1、0-1) 負け
■得点/ やまと

(2試合目)
■スコア/ 5-0(2-0、3-0) 勝ち
■得点/ やまと、よしと、かなた×2、しもん

(3試合目)
■スコア/ 1-0(1-0、0-0)勝ち
■得点/ たくと

(4試合目(15分1本、前半メンバー))
■スコア/ 4-0 勝ち
■得点/ やまと×2、ふき、るい
■総評/ 遠藤

(総合)
前半計: 8-1 勝ち
後半計: 3-1 勝ち



■総評/ 遠藤

【テーマ】
立ち返る場所を持つ
★心/声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)
★戦術/
「シンプルに相手コートに入る」
「相手コートに全員入ってから」
「相手ゴールでは、ゴール前に素早く!」



【良かったこと・これからの改善点】

(前半メンバー)
序盤はボールサイドでないDFがカバーのポジションを取らなかったり、身体を寄せられなかったりして、相手にペースを握られそうになっていました。
これら一連の動きは既に修得していると思っていましたが・・・闘う気持ちを試合序盤から出せるように再度徹底します!

(後半メンバー)
かなたとそうたが互いを追い越せるようになってきましたので、少しずつですが相手ゴールに迫ることが出来るようになってきてます!
他のメンバーも追い越せるように引き続き継続していきます。


【改善のポイント】
〇練習・試合後の「できた所」「できなかった所と修正方法」の復習(イメージ化・サッカーノートを使う)
次回は自分の判断でプレーの正しい選択ができるように取り組む。
〇自主練の習慣化/自分で課題に取り組む姿勢の創出



以上です。
取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.20 4・5(・6)年生 TRM ~ 昨日よりもっと良い感じ! ~

January 19, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《   4・5(・6)年生  》

◎試合種別《  練習試合  》

 

■日程/ 1月20日(日)

■天候/ 晴れ

■場所/ 湘南小学校

■帯同/ 清澤、りゅうとコーチ

■試合形式/ 8人制15分ハーフ×4試合

■対戦相手/ 町田相原FC(町田) U-11

■フォーメーション/ 3-1-3

 

(前半チーム)

※右から

GK/ 4年みずき

DF/ れいま、6年りく、4年まなと

MF/ 6年そうま

FW/ 6年りお、しんちゃん、4年ふうま

 

(後半チーム)

※右から

GK/ 6年りく

DF/ りくと(4年かい)、とうま、つばさ

MF/ るか

FW/ 4年しゅんや(4年ぜんた)、4年みずき(4年そうあ)、4年かい(さきな)

 

 

【試合結果】

 

( 1試合目 前半 )

■スコア/ 4-0 勝ち

■得点者/ りお×2、ふうま×2

 

( 1試合目 後半 )

■スコア/ 0-0 引き分け

■得点者/ 

 

 

( 2試合目 前半 )

■スコア/ 3-0 勝ち

■得点者/ りお×2、りく

 

( 2試合目 後半 )

■スコア/ 0-1 負け

■得点者/ 

 

 

( 3試合目 前半 )

■スコア/ 0-0 引き分け

■得点者/ 

 

( 3試合目 後半 )

■スコア/ 1-3 負け

■得点者/ つばさ

 

 

( 4試合目 前半 )

■スコア/ 4-1 勝ち

■得点者/ しんちゃん×2、ふうま、りお

 

( 3試合目 後半 )

■スコア/ 2-0 勝ち

■得点者/ つばさ、みずき

 

 

(総合)

★前半チーム/ 11-1 勝ち

★後半チーム/ 3-4 負け

 

 

 

■総評/ 清澤

 

【テーマ】 立ち返る場所を持つ

★心/ 声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)

★戦術/ 

『シンプルに相手コートに入る』

『相手コートに全員入ってから』

『相手コートでは、ゴール前に素早く!』

 

 

 

1月20日(日)。

湘南小学校へ、町田相原FC(U-11)さんにお越し頂きました。

 

うん!昨日よりさらに、良くなっている感じ!!!

サッカー、楽しいね!

 

今日学ばせて頂いたことは、『みんなで声掛けを続けることが何故大切なのかという意味』。

 

声がある時。

声が無い時。

うまくいく、うまくいかないの明暗がくっきり分かれました。

 

町田相原FCさん、本日は誠にありがとうございました。

 

また保護者の皆様。

ブレッササッカーのあの『異次元の姿』をこの子たちで早くお見せしたいです。

ただ、それを発動させるためのベースは今の姿にあります。

苦しい時、うまくいかない時、

どんな時にも、何があっても、うなだれることなく次を探すポジティブマインド。

精神的な成長に関するこんな部分をブレッサというクラブで身につけようと今、頑張っています。

本日も暖かく応援してくださり、誠にありがとうございました!

 

 

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.19 4・5(・6)年生 TRM ~ お!声出しの成果が出始めた! ~

January 11, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《   4・5(・6)年生  》
◎試合種別《  練習試合  》

■日程/ 1月19日(土)
■天候/ 晴れ
■場所/ 湘南小学校
■帯同/ 清澤、しょうごコーチ
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×4試合
■対戦相手/ FC Crescer(厚木)U-11
■フォーメーション/ 3-1-3

(前半チーム)
※右から
GK/ るか
DF/ れいま、6年りく、4年まなと
MF/ 6年そうま
FW/ 6年りお、しんちゃん、4年ふうま

(後半チーム)
※右から
GK/ 6年りく
DF/ とうま、れいま、つばさ
MF/ るか
FW/ 4年しゅんや、4年ぜんた(4年そうあ)、さきな


【試合結果】

( 1試合目 前半 )
■スコア/ 4-0 勝ち
■得点者/ しんちゃん×3、りお

( 1試合目 後半 )
■スコア/ 1-0 勝ち
■得点者/ とうま


( 2試合目 前半 )
■スコア/ 7-0 勝ち
■得点者/ しんちゃん×3、りお×2、ふうま、そうま

( 2試合目 後半 )
■スコア/ 4-0 勝ち
■得点者/ ぜんた×2、れいま、そうあ


( 3試合目 前半 )
■スコア/ 4-0 勝ち
■得点者/ しんちゃん×2、りお、そうま

( 3試合目 後半 )
■スコア/ 4-0 勝ち
■得点者/ るか


( 4試合目 前半 )
■スコア/ 5-0 勝ち
■得点者/ しんちゃん×2、ふうま×2、りお

( 3試合目 後半 )
■スコア/ 0-1 負け
■得点者/


(総合)
★前半チーム/ 20-0 勝ち
★後半チーム/ 6-1 勝ち



■総評/ 清澤

【テーマ】 立ち返る場所を持つ
★心/ 声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)
★戦術/ 
『シンプルに相手コートに入る』
『相手コートに全員入ってから』
『相手コートでは、ゴール前に素早く!』



確実に良くなっている感じ!!!
前半チームにも、後半チームにも、しっかりと成長が見えました。

前半チームの点の取り方は相変わらずたいへん素晴らしく、今後はそのシーンをたくさん作っていくためにバイタルエリアへ行き着くまでの精度を高めることが課題。
FW3人が『落ち着かせる』『時間をつくる』ための遅攻を覚える。

後半チームは、基礎中の基礎である走力。走れるようになってきた人とまだ走れない人との差が激しく、
その差を埋めていくことが課題。
特にFW3人。走る、蹴る、先に触るの早期克服。
この課題に沿った自主練をしましょう。


FC  Crescerさん、本日はありがとうございました!
保護者の皆様、本日も暖かな応援を誠にありがとうございました!



以上です。
取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.14 1・2年生 SFAカップ ~ やり切った!…けど、負けたことに悔いはあるから次へ向かうぞ! ~

January 13, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《 U-8 》

◎試合種別《 公式戦:朝日新聞社杯第46回SFAカップサッカー大会 1回戦 》

 

■日程/ 1月14日

■天候/ 曇り

■場所/ 高田橋グランドB面

■帯同/ 遠藤

■試合形式/ 8人制 15分ハーフ×1試合

■対戦/ 大沼SSS Uー8

■フォーメーション/ 3-1-3

 

(メンバー:右から)

GK/ともひさ

DF/ たくと、あゆま(1年)、ほうすけ

MF/ふき

FW/かなた、やまと、るみ(1年)

ベンチ:きみ(年長)

欠席:たいよう

 

 

(試合結果)

■スコア/ 1-1(1-0、0-1) 引き分け

     PK 0-2 負け

     ※一回戦敗退となりました

■得点/ やまと

 

 

【テーマ】

立ち返る場所を持つ

★心/声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)

★戦術/

『相手コートに全員入ってから』

『相手コートでは、ゴール前に素早く!』

 

 

 

【良かったこと】

蔓延中のインフルエンザ、チームとしては万全には程遠い状態で試合に臨みました。

ですが、試合に出場した選手は今持てる限りの力を出し切っていたと思います。

身体をぶつけて闘っていました。

残念ながら初戦敗退となりましたが、そういう意味では悔いの無い内容でした。

 

収穫としては、急造でサイドバックをすることになったたくと。

ポジショニングに不慣れな面は勿論ありましたが、裏のスペースを消す意識の高さと、抜かれてから(本当は抜かれてはいけませんが笑)のカバーリングの早さで、DFとしても伸びしろを感じさせました。

あと、我らが大先生笑、あゆまは今日もパフォーマンスの高さを発揮していました。常に冷静な判断で相手の攻撃を身体を入れてカットし、シンプルにはじき返す時にはそれもできます。

1学年下でこれは立派です。今年はブレッサ名物の最終ラインからのロングドリブルも出来るように取り組んでもらいます。

 

 

【課題】

■攻撃

トップにボールを入れようとしても相手に引っかかってしまうことが多く、トップに入ってもほぼ誰も追い越せずに相手コートで人数をかけれなかったこと。

 

■守備

局面で自陣ゴール前に下がりすぎて相手に自由な時間を与えてしまう場面がありました(以前よりは改善してきています)。

 

 

 

【改善のポイント】

〇練習・試合後の「できた所」「できなかった所と修正方法」の復習(イメージ化・サッカーノートを使う)

次回は自分の判断でプレーの正しい選択ができるように取り組む。

〇自主練の習慣化/自分で課題に取り組む姿勢の創出

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.14 3・4年生 SFAカップ ~ やっぱり内容に光るものあり! ~

January 13, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《 3・4年生 》

◎試合種別《  SFAカップ U-10の部  》

 

■日程/ 1月14日(月)

■天候/ 晴れ

■場所/ 横山小学校

■帯同/ 清澤、りゅうとコーチ、長谷川さん

■試合形式/ 8人制20分ハーフ

■対戦相手/ 1回戦 ARTE U-10

■フォーメーション/ 3-1-3

※右から

GK/ 3年そうた

DF/ 3年しゅんと、まなと、かい

MF/ ふうま

FW/ しゅんや、みずき、3年ゆめちゃん

※バックアップ/ ぜんた、4年そうあ

※見学/ こうへい、3年せあ

 

 

 

【試合結果】

 

( 1回戦 vs ARTE )

■スコア/ 0-2 負け

■得点者/  

 

 

 

■総評/ 清澤

 

【テーマ】 立ち返る場所を持つ

★心/ 声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)

★戦術/ 

『相手コートに全員入ってから』

『相手コートでは、ゴール前に素早く!』

 

 

 

2年生の山ちゃんが自分のカテゴリーのSFAカップのため呼べず、結果を出すのであれば昨日よりさらに厳しくなることが予想されました。

試合内容は、どっこい。

みずきが孤軍奮闘し、前後半で散々チャンスを作りましたがゴールを決められず。

ブレッサが先取点を取れていたらブレッサの勝ちもあったような試合だったと思います。

 

(良かったこと)

★そうたのGKが意外に良かった!そうた、ありがとう!

★ふうまの攻守におけるポジショニングの悪さが試合を進めるにつれて徐々に修正することが出来た。

 あとは球際の弱さの克服(身体を入れられないところ・目を背けるところ)

★かいが攻守において、とてもアグレッシブに成長していること

 

◆課題

①守備の局面における細かな部分

②守備時の裏に蹴られるボールの対処

③ボールを失わないボールポゼッション(やめる・相手の流れを切る)

④まなとをはじめ全員の守備における球際の弱さの克服(ボールをとろうとして足を出す→連続してしつこくついていく→体をグッと入れる※接触を怖がっています)

⑤両ウイングがCFを追い越す動き(やまちゃんが居ないと他には誰も追い越せる人がいなく、みずきが一人で攻撃していた)

 その上で、両サイドバックのオーバーラップ(かいは随分成長してきている)

 

◆解決の手段

2対2、3対2、清澤式ロンドを用いて、落ち着いて攻撃する力を身に付けること。

※現時点では、3対2でこれまでTRしてきたことを試合での落ち着きにリンクさせることが一番良いかと思います

 


寒い中、運営して頂いたAC.ROSSOの皆様、対戦して頂いた各チームの皆様、本日は誠にありがとうございました!
保護者の皆様、本日も暖かな応援をありがとうございました!

 

 

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.13 (2・)3・4年生 神奈川県少年サッカー選手権大会 ~ 内容に光るものあり! ~

January 12, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《   (2・)3・4年生  》

◎試合種別《  日産カップ争奪 第45回神奈川県少年サッカー選手権大会 低学年の部  》

 

■日程/ 1月13日(日)

■天候/ 晴れ

■場所/ 栗原小学校(座間)

■帯同/ 清澤、遠藤コーチ

■試合形式/ 8人制20分ハーフ×2試合

■対戦相手/

1回戦/ 東小倉SC(横浜) U-10

2回戦/ CFG横浜(横浜) U-10

■フォーメーション/ 3-1-3

※右から

GK/ 3年えいた

DF/ 3年しゅんと、まなと、かい

MF/ ふうま

FW/ 2年やまちゃん、みずき、3年ゆめちゃん

※バックアップ/ しゅんや、ぜんた、3年そうた、4年そうあ

※見学/ こうへい、3年せあ

 

 

 

【試合結果】

 

( 1回戦 vs 東小倉SC )

■スコア/ 2-2 

      PK(3-2) 勝ち

■得点者/ みずき×2

      (PK/みずき〇、やまちゃn〇、ふうま〇)

 

 

( 2回戦 vs CFG横浜 )

■スコア/ 0-11 負け

■得点者/ 

 

 

 

■総評/ 清澤

 

【テーマ】 立ち返る場所を持つ

★心/ 声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)

★戦術/ 

『相手コートに全員入ってから』

『相手コートでは、ゴール前に素早く!』

 

 

 

少しでも結果を上げるには現状ではまだまだ厳しいことを覚悟しながら、この日、この大会を迎えました。

1回戦の相手は、齋藤学選手を始め、数々の高サッカー選手を輩出している東小倉さん。

人数も多いし、その中のスタメン選手は心も技術もしっかりしていました。

 

方や我々ブレッサは、いつもの如くブレイクするまでにはまだまだ成長が追い付いておらず、ところどころ穴だらけの布陣。

0-2から追いつき、PK戦にまでもつれ込み、「よく勝ったな!」というのが正直な感想。

子供たちは本当に頑張りました。

 

また2回戦の相手は、CF YOKOHAMAさんあらため、CFG横浜さんゴレアドールさんと合併したそうです)。

昔より交流させて頂いている好クラブのひとつですが、今年のブレッサは下のカテゴリー以外、力差がありすぎるのでご無沙汰していました。

元フットサルのプロだった監督さんが率い、ハートも基本技術も段違いだと分かっていましたので、最初から大敗することは分かっていました。

 

しかし、

いざ試合になってみると、ブレッサの戦い方が相手を嫌がらせ困らせていることが分かりました。

これは、U-12の試合でも見られている現象で、結果につながらずともとても良い傾向にあることを確信させる現象です。

この試合は0-11で負けましたが、過去の傾向からして、以下の課題を克服した時に対等以上に戦えるようになることが感じられる内容ですので、引き続きみんなでがんばっていくことが大切です。

 

 

◆課題

①守備の局面における細かな部分

②守備時の裏に蹴られるボールの対処

③ボールを失わないボールポゼッション(やめる・相手の流れを切る)

 

 


寒い中、運営して頂いたAC.ROSSOの皆様、対戦して頂いた各チームの皆様、本日は誠にありがとうございました!
保護者の皆様、本日も暖かな応援をありがとうございました!

 

 

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.12 4・5(・6)年生 TRM ~ たった一日でも成長できる子供の力を再認識しました ~

January 11, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《   4・5(・6)年生  》

◎試合種別《  練習試合  》

 

■日程/ 1月12日(土)

■天候/ 曇り

■場所/ 湘南小学校

■帯同/ 清澤、りゅうとコーチ

■試合形式/ 8人制15分ハーフ×3試合

■対戦相手/ 相東SC(座間)

■フォーメーション/ 3-1-3

 

(前半チーム)

※右から

GK/ つばさ

DF/ れいま、6年りく、4年まなと

MF/ 6年そうま

FW/ 6年りお、4年みずき、4年かい

 

(後半チーム)

※右から

GK/ 6年りく

DF/ とうま、れいま、つばさ

MF/ 6年そうま(6年りお)

FW/ 4年ぜんた、4年そうあ、さきな

 

 

【試合結果】

 

( 1試合目 前半 )

■スコア/ 1-0 勝ち

■得点者/ みずき

 

( 1試合目 後半 )

■スコア/ 0-1 負け

■得点者/ 

 

 

( 2試合目 前半 )

■スコア/ 4-1 勝ち

■得点者/ りお×2、みずき、りく

 

( 2試合目 後半 )

■スコア/ 1-0 勝ち

■得点者/ 

 

 

( 3試合目 前半 )

■スコア/ 2-0 勝ち

■得点者/ みずき、りお

 

( 3試合目 後半 )

■スコア/ 0-0 引き分け

■得点者/ 

 

 

 

■総評/ 清澤

 

【テーマ】 立ち返る場所を持つ

★心/ 声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)

★戦術/ 

『相手コートに全員入ってから』

『相手コートでは、ゴール前に素早く!』

 

 

 

相東SC(座間)U-11さんに、湘南小学校へお越し頂きました。
いやぁ〜、いい選手いるなぁ!
女の子もいい選手いたな!

さて、
湘南という暖かそうな響きは名ばかりのもので、ここは相模原の奥地。
雹は降るわ、つま先は冷たいわ、りゅうとコーチは「寒い〜、寒い〜」ばかり言ってるわ…(厚着してこーい)

ブレッサというクラブは勝ったから良しではなく、内容が伴っているかどうかに拘ります。
今日の試合内容は、まだまだ勢いだけとたまたま崩せていることの連続で、意図する内容とは、ほど遠い…

ただまた少し進化した選手が複数見られました!
こう見えて、ボーダー越え・ブレイクの日は確実に近づいてきています。

ある『何か』を掴んだ時に、突然ガラッと別チームに進化する。
これまで何度も見てきたその瞬間を待ちわびながら、春を待ちわびているコーチたちでした!

そんな寒い中、相東SCの皆様、本日はありがとうございました!
保護者の皆様、雹も降った中、本日も暖かな応援をありがとうございました!

 

 

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.06 1・2・3年生 TRM ~ 感謝!素晴らしい環境で気持ちよくサッカーさせてもらいました ~

January 05, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《 1・2(・3)年生 》

◎試合種別《 練習試合 》

 

■日程/ 1月6日(日)

■天候/ 曇り

■場所/ 大磯プリンスホテルフットサルコート

■帯同/ 遠藤

■試合形式/ 5人制 8分ハーフ×6試合

■対戦/ ヘラクレス大磯U8、ファンスナールU8

■フォーメーション/ 1-2-1

 

(チームX:右から)

ゴレイロ/ほうすけ(そうた(3年))

フィクソ/ ふき

アラ/たくと、ゆめ(3年)

ピヴォ/やまと

ベンチ:るい

 

(チームZ:右から)

ゴレイロ/やまと(ふき)

フィクソ/ えいた(3年)(けんと(3年))

アラ/しゅんと(3年)(たいよう)、ほうすけ

ピヴォ/そうた(3年)(ともひさ)

ベンチ:

欠席:せあ、かなた、あゆま

 

 

 

■結果/

 

(1試合目:ヘラクレス大磯(前半X、後半Z))

■スコア/ 7-0(5-0、2-0) 勝ち

■得点/ やまと×3、たくと、ふき、ゆめ、そうた

 

 

(2試合目:ファンスナール(前半X、後半Z))

■スコア/ 5-0(3-0、2-0) 勝ち

■得点/ しゅんと、やまと、るい、えいた×2

 

 

(3試合目:ヘラクレス大磯(前半X、後半Z))

■スコア/ 4-2(2-0、2-2) 勝ち

■得点/ ゆめ、たくと、そうた、やまと

 

 

(4試合目:ファンスナール(前範X、後半Z))

■スコア/ 5-1(3-1、2-0) 勝ち

■得点/ たくと、ゆめ、やまと、えいた、ともひさ

 

 

(5試合目:ヘラクレス大磯(前半X、後半Z))

■スコア/ 2-2(1-1、1-1) 引き分け

■得点/ るい、そうた

 

 

(6試合目:ファンスナール(前半X、後半Z))

■スコア/ 11-0(7-0、4-0) 勝ち

■得点/ たくと×2、しゅんと×2、るい×3、えいた×2、ふき、そうた

 

 

(合計)

◆チームX: vsヘラクレス大磯  8-1 勝ち

         vsファンスナール  13-1 勝ち

◆チームZ: vsヘラクレス大磯 5-3 勝ち

      vsファンスナール 5-1 勝ち

 

 

■総評/ 遠藤

 

【テーマ】

相手に何もさせない、圧倒的かつ攻撃的なボールポゼッション

☆トップを見るところから!

※ゴールに一番近い人

 

《守備》

素早く寄せる・足を出さない!

■こぼれを狙う

■ルーズを狙う

■相手の足からボールが伸びたところを狙う

■トラップでボールが離れるところを狙う

 

《攻撃》

「トップを見るために基礎4つを使うところから」

★「ボールの持ち方と4つの基礎」に「ちょっと釣り出し」と「引きつけ」をちょいちょい加える

★団子を動かす

※「釣り出し」→自分もあるし、パスで釣り出す手もある

■ポジショニング

★ボールホルダーの下、トップ、サイドは必ず作る

 

《戦略》

■素早いリスタート

 

 

 

【良かったこと・これからの改善点】

 

(チームX)

守備面ではマークからパスカット、攻撃面ではトップにあててサイドが追い越してくる動きが良くできていました!

引き続き継続しましょう!

 

(チームZ)

えいたが積極的なゴールに向かうプレーで得点を重ねました。素晴らしい!

今日良かったら自分で何故良かったのか、その原因はどこなのかを復習して、次の練習・試合で良かったところを繰り返せるように学習していきましょう!

 

 

 

【改善のポイント】

〇練習・試合後の「できた所」「できなかった所と修正方法」の復習(イメージ化・サッカーノートを使う)

次回は自分の判断でプレーの正しい選択ができるように取り組む。

〇自主練の習慣化/自分で課題に取り組む姿勢の創出

 

 

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.06 (4・)5・6年生 神奈川県少年サッカー選手権大会 ~ 今持てる力を出し切りました ~

January 05, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《   (4・)5・6年生  》
◎試合種別《  神奈川県少年サッカー選手権大会予選ブロック U-12  》

■日程/ 1月6日(日)
■天候/ 曇り
■場所/ 三浦市立初声小学校
■帯同/ 清澤、しょうごコーチ、長谷川さん
■試合形式/ 8人制20分ハーフ×2試合
■対戦相手/

1回戦/ 大曾根SC(横浜)U-12
2回戦/ 綾瀬SS U-12

■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ まさ
DF/ 5年れいま、りく、4年まなと
MF/ そうま
FW/ りお、5年しんちゃん、4年ふうま(5年るか)

バックアップ/ るか、翼、とうま、さきな、4年かい

 

 

( 1回戦 vs 大曾根SC )
■スコア/ 3-2 勝ち
■得点者/ しんちゃん×2、りお


( 2回戦 vs 綾瀬SS )
■スコア/ 0-4 負け
■得点者/ 



■総評/ 清澤
 
【テーマ】 立ち返る場所を持つ
★心/ 声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)

★戦術/ 

『相手コートに全員入ってから』

『相手コートでは、ゴール前に素早く!』

 

 

U-12チーム相手に、1回戦で初勝利を上げられたことはとても良かったです。

また2試合を通じ、比較的声が出続けたことも良かったです。

2回戦の綾瀬さんの戦い方、ロングフィード+そこからのスピードに乗ったドリブル。

それをほぼ消せていて、こちらが思っている以上に苦しめていたことも良かったです。

 

ただチームとしてところどころに穴があり、前線で相手に蹴らせる余裕を与えてしまう選手(攻守の切り替えが習慣化出来ていない)、後方で相手を簡単に振り向かせてしまう選手(寄せることが徹底出来ていない)、ハイボールの処理が苦手な選手(落下地点が読めない)、突然のネガティブシンキングにより一番やってはいけないことを突如やってしまう選手(ポジティブシンキングになりきれていない)、4失点はこれが原因でした。

また得点チャンスもところどころに作れていましたが、チャンスに我が先行しシンプルにフリーの味方を使えない(流れを止め攻撃を詰まらせてしまう)・相手の裏を狙えない(大チャンスに相手に引っ掛ける)、この穴となっている選手がチームを乗せ切らない要因となっていました。

 

ただ、年下、サッカー経験がまだ短い選手が多い中、現時点では持てる最大限の力を発揮していたのではないかなと感じました(不快感ない内容です)。

綾瀬さんに勝てるようになるには、このような要因となっている選手がサッカー選手としてのクオリティをこの先どんどん上げていくのみ。

今を勝つことではなく、未来に勝つための成功経験を積み重ねていくしかありません。

各選手に自覚はあるので、練習などで成功体験を増やし改善していくのみです。

 

【声を出すこと】

昨日より随分良くなっていました。

引き続き全員で!

 

【基本相手コート・ゴール前に素早く】

これも意識が上がっています。

しかし、このチーム意識をまだ優先出来ない人(状況判断無くボールを持ちたがる)、中途半端に突然迷ってしまう人がいることも事実。

ベースになるまで引き続き意識付けしていきます。

 

【守備面】

やはり攻守切り替えの瞬間、前線で相手にプレスをかけていくことが出来ていない選手が目立ちました。

後方でも、『まずはボールを受けさせない』がところどころボールウォッチャーになり、狙えていない選手が目立ちます。

ハイボールを跳ね返せずバウンドさせて頭を超えてしまう選手もまだ改善出来ていません。

インターセプトを狙いに前に出る強気の姿勢を持てていない選手も目立ちます。

やはりチームとしての徹底率は、50%未満。

限りなく、チームとして100%遂行できるように引き続き取り組みます。

 

【その他】

ウイングでCFを追い越せる人が1人しかいない。

SBで、ウイングを追い越せる人が一人もいない(出来るのは怪我休みのうめちゃんのみ)。

サイド深くでのスローインや、崩す体制を作った時、入った人の裏(ゴールの方向)へ追い越せる選手が一人もいない。

この点は、早期改善の必要あり。

 


保護者の皆様。
本日はとても寒い中応援して頂きまして、誠にありがとうございました!

 
 
以上です。
取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.05 1・2・3年生 TRM ~ 2019年もみんなで頑張ります! ~

January 04, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《 1・2(・3)年生 》

◎試合種別《 練習試合 》

 

■日程/ 1月5日

■天候/ 曇り

■場所/ 湘南小学校

■帯同/ 清澤コーチ・遠藤

■試合形式/ 8人制 15分ハーフ×3.5試合

■対戦/ 友愛SC U8

■フォーメーション/ 3-1-3

 

(前半メンバー:右から)

GK/ ほうすけ

DF/ えいた(3年)、あゆま(1年)、ゆめ(3年)

MF/ ふき

FW/ よしと(3年)、やまと、たくと

ベンチ:

 

(後半メンバー:右から)

GK/ たくと

DF/ たいよう、けんと(3年)、ほうすけ

MF/ やまと

FW/ そうた(3年)、せあ(3年)、ともひさ

ベンチ:きみ(年長)

欠席:しゅんと、かなた

 

 

■試合結果/

 

(1試合目)

■スコア/ 3-3(3-0、0-3) 引き分け

■得点/ やまと、たくと、よしと

 

 

(2試合目)

■スコア/ 3-6(2-0、1-6) 負け

■得点/ やまと、よしと、せあ

 

 

(3試合目)

■スコア/ 7-3(7-2、0-1)勝ち

■得点/ やまと×3、よしと×4

 

 

(15分1本・前半メンバー)

■スコア/ 3-1 勝ち

■得点/ やまと×2、よしと

 

 

(合計)

◆前半メンバー/ 15-3 勝ち

◆後半メンバー/ 1-10 負け

 

 

 

■総評/ 遠藤

 

【テーマ】

相手に何もさせない、圧倒的かつ攻撃的なボールポゼッション

☆トップを見るところから!

※ゴールに一番近い人

 

《守備》

素早く寄せる・足を出さない!

■こぼれを狙う

■ルーズを狙う

■相手の足からボールが伸びたところを狙う

■トラップでボールが離れるところを狙う

 

《攻撃》

「トップを見るために基礎4つを使うところから」

★「ボールの持ち方と4つの基礎」に「ちょっと釣り出し」と「引きつけ」をちょいちょい加える

★団子を動かす

※「釣り出し」→自分もあるし、パスで釣り出す手もある

■ポジショニング

★ボールホルダーの下、トップ、サイドは必ず作る

 

《戦略》

■素早いリスタート

 

 

 

【良かったこと・これからの改善点】

 

(前半メンバー)

やまとにボールが入った時によしとが良く追い越してくれました。

また、よしとに入った時にシンプルに追い越しているやまとを使ってくれたので得点を重ねることができました。

ゴールに一直線に向かう2人の連携はとても良かったです!

 

(後半メンバー)

失点を重ねてしまった原因は、スピードのある相手の縦を止められない(バックステップが出来ない)。

マークをせずにボールに向かって行ってしまいフリーの敵を使われてしまう。

この2点に集約されます。

少しずつは改善してきているので、辛抱強くこの課題克服に取り組んでいきましょう!

 

 

 

【改善のポイント】

〇練習・試合後の「できた所」「できなかった所と修正方法」の復習(イメージ化・サッカーノートを使う)

次回は自分の判断でプレーの正しい選択ができるように取り組む。

〇自主練の習慣化/自分で課題に取り組む姿勢の創出

 

 

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

2019.01.05 4・5(・6)年生 TRM ~ 立ち返る場所を持つ! ~

January 04, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《   4・5(・6)年生  》
◎試合種別《  練習試合  》

■日程/ 1月5日(土)
■天候/ 晴れ
■場所/ 清新小学校
■帯同/ 清澤、りゅうとコーチ
■試合形式/ 8人制20分ハーフ×2試合
■対戦相手/ 清新SSS U-11
■フォーメーション/ 3-1-3
 
【前半メンバー】
※右から
GK/ 6年まさ
DF/ れいま、6年りく、4年まなと
MF/ 6年そうま
FW/ 6年りお、しんちゃん、4年ふうま

(  1試合目前半  )
■スコア/ 5-1   勝ち
■得点者/ りお×2、しんちゃん、りく、そうま

(  2試合目前半  )
■スコア/ 4-0   勝ち
■得点者/ りお×2、しんちゃん、ふうま

★トータル/ 9-1 勝ち

 



【後半メンバー】
※右から
GK/ 6年そうま
DF/ とうま、6年まさ、つばさ
MF/ るか
FW/ 4年かい、しんちゃん、4年しゅんや

(  1試合目後半  )
■スコア/ 4-2   勝ち
■得点者/

(  2試合目後半  )
■スコア/ 0-1   負け
■得点者/

★トータル/ 4-3 勝ち




■総評/ 清澤
 
【テーマ】 立ち返る場所を持つ
★心/ 声を出し続ける(どんなときにも・何があっても)

★戦術/ 

『相手コートに全員入ってから』

『相手コートでは、ゴール前に素早く!』
 

 

【声を出すこと】

あらためて初心に帰り12月から取り組んでいますが、まだまだです。

良くなって来てはおりますが、今年からはこのベース無しで練習・試合で他のことに取り組まないことを徹底します。

すべての面でのベースです。

「誰かが…、」ではなく、「全員で!」。

なかなか恥ずかしさの壁を越えられず、また全員が声を出すまでに至らず、本日はアップが声出しのみに終わってしまいました。

他のアップが出来なかった。それでもいいと思っています。

続けます。

 

【基本相手コート・ゴール前に素早く】

これもまた初心に帰り取り組みなおしています。

考える練習・試合の進め方により、迷いが生じている部分を払拭することが狙いです。

まずは相手コートに全員が入ることを最優先にし、相手コートではゴール前に早く行くことから。

これに関しては、効果として迷いが随分抜けてきたのでまあまあでした。

今は、練習で取り組んでいることが、自然にひらめいたり、出てくるような状態で十分です。

その状態がベースになってくれば、意図的にその状態をつくって行くことがゲームプランとして選手の中に育まれていくと思います。

続けます。

 

【守備面】

特に攻守切り替えの瞬間、前線で相手にプレスをかけていくことが出来ていない選手が目立ちます。

また後方では、『まずはボールを受けさせない』が出来ていない選手が目立ちます。

さらに、ハイボールを跳ね返さずバウンドさせてしまったり、インターセプトを狙いに前に出る強気の姿勢を持てていない選手も目立ちます。

今のところチームとして、50%以下の出来だと見ています。

限りなく、100%遂行できるようになっていくこと。

この点も初心に帰り、もう一度取り組みなおしたいと思います。

 

【その他】

ウイングでCFを追い越せる人が1人しかいない。

SBで、ウイングを追い越せる人が一人もいない(出来るのは怪我休みのうめちゃんのみ)。

サイド深くでのスローインや、崩す体制を作った時、入った人の裏(ゴールの方向)へ追い越せる選手が一人もいない。

この点は、早期改善の必要あり。

 


保護者の皆様。
本日もお付き合い頂き、また寒い中応援して頂き、誠にありがとうございました!
 
 
 
以上です。
取り急ぎ、ご報告を申し上げます。

Please reload