2019.11.10 5・6年生 U-12練習試合 vs 南大野SSS

November 09, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 5・6年生 》
◎試合種別《 U-12練習試合 vs 南大野SSS(相模原) 》

■日程/ 11月10日(日)
■天候/ 晴れ
■場所/ 南大野小学校
■帯同/ 清澤、航平コーチ
■試合形式/ 8人制20分ハーフ+15分ハーフ
■対戦相手/ 南大野SSS U-12

(メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ 5年こうへい(後半まなとorふうま)
DF/ うめちゃん、れいま、つばさ
MF/ 5年まなと(後半ふうま)
FW/ 5年かい(後半さきな)、しんちゃん、5年ふうま(後半5年こうへい)



【試合結果】

( 1試合目 )
■スコア/ 1ー2(前半0ー0) 勝ち
■得点者/ うめちゃん


( 2試合目 )
■スコア/ 6-0 勝ち
■得点者/ しんちゃん×2、かい、つばさ、OG、こうへい


【総合】
★2試合合計/ 7-2 勝ち



■総評/ 清澤

【テーマ】調子の波をなくす
※守備/ 切り替えの集中とハードワーク
※攻撃/ プレーの選択
①当てて走る(中or外)
②やめて預ける(または広げる)


(コーチ感想)
11月10日(日)。
南大野小学校へお招き頂き、南大野SSSU-12チームさんと練習試合をさせて頂きました。
本日は誠にありがとうございました!
また応援してくださった保護者の皆様、心より御礼を申し上げます!

★参加メンバー
さきな、こうへい以外は、もうブレイクし始めているメンバー。
完全なる覚醒を目指し『圧倒的な内容で勝つ・強いチームへの仲間入り』を目指して只今チームとしてのブレイクに取り組み中。

南大野さんのこの代は、市内の強豪の部類に入るチームのひとつ。
とてつもなく大きな子が多く、他人種の子も数名。
身体能力が高い子が多く、速く、強く、蹴れるチームでした。
全員身体が小さく、身体能力では大きく劣る子が多いブレッサにとっては、相手にサッカーをやらせてしまったら、とても怖いです。

でも、本日のブレッサは違いました!
子供達の中で、何かが大きく変わりました!
本日は細かいことは書きません!
この代に記念すべき、、、

【清澤式ロンドのサッカー、初ブレイク!!!】

の日となりました!!!


『相手に何もさせず、圧倒的なボールポゼッションで魅了する!』

★立ち返る場所/ 
①攻撃/ 相手コートへ早く、ゴール前へ早く
②守備/ パスカット、または1タッチ目を狙う→ハードにいく!
★ポジションは有って、無いようなもの/ 
①ポジションにとらわれない、自由自在な動き
②水を得た魚そのもの
状況とタイミングで全員がグランドのあらゆる場所へ出没する。
③いい意味での「なんでキミがそこにおんねん!」
④相手DFがブレッサの選手を捕まえられない、触れられない
★攻守連動/ 
①超余裕(一人で二人を相手に動じない!やりたい放題)
②間を縫う(スルスルドリブル(ロングドリブル)/ 運ぶドリブル&連携)
③間が締まれば、止まる
④やめた瞬間の相手の油断を突く!
⑤相手を固めておいて、広げる
⑥相手を釣り出し、ギャップを狙う
⑦波状攻撃
※常にカウンター阻止の意識
※攻撃を失敗しても逃がさない
※セカンドを拾う(当たり前のようにセカンドボールがブレッサに転がってくる『魔法のようなポジショニング』
★ブレッササッカーは『Vale Tudo(何でもあり)』
ドリブルあり、パスあり。
超狭いところあり、ロングフィードあり。
個のテクニックあり、集団の華麗な連携あり。
★左右に揺さぶる、前後に揺さぶる



これからも根気よく継続して全員の力を伸ばしていきましょう。
誰が出ても面白い個性を発揮出来るぶ厚い選手層を、早く実現したいですね!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.11.10 2・3・4年生 U-10練習試合 vs FCコラソン

November 09, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 2・3・4年生 》
◎試合種別《 U-10練習試合 vs FCコラソン(相模原) 》

■日程/ 11月10日(日)
■天候/ 晴れ
■場所/ 広陵小学校
■帯同/ 清澤、遠藤コーチ
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×3試合
■対戦相手/ FCコラソン U-10

(前半メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ えいたん
DF/ しゅんと、2年あゆま、ゆめちゃん
MF/ 3年るいるい
FW/ 3年かなた、3年やまちゃん、3年たっくん

(後半メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ (前半メンバーから)
DF/ 3年たいよう、けんと、3年ほうすけ
MF/ えいたん
FW/ 3年れお、2年てんま、そうた
※3年ともは、れおorてんまと途中交代



【試合結果】

( 1試合目前半 )
■スコア/ 0ー0 引き分け
■得点者/ 

( 1試合目後半 )
■スコア/ 0ー3 負け
■得点者/ 


( 2試合目前半 )
■スコア/ 1-0 勝ち
■得点者/ たっくん

( 2試合目後半 )
■スコア/ 0-3 負け
■得点者/ 


( 3試合目前半 )
■スコア/ 1-0 勝ち
■得点者/ かなた

( 3試合目後半 )
■スコア/ 0-4 負け
■得点者/ 


【総合】
★前半メンバー合計/ 2-0 勝ち
★後半メンバー合計/ 0-11 負け



■総評/ 清澤

【テーマ】調子の波をなくす
※守備/ 切り替えの集中とハードワーク
※攻撃/ プレーの選択
①当てて走る(中or外)
②やめて預ける(または広げる)


(コーチ感想)
11月10日(日)。
広陵小学校までFCコラソンU-10チームさんにお越し頂き、練習試合をさせて頂きました。
本日は誠にありがとうございました!
また応援してくださった保護者の皆様、心より御礼を申し上げます!

★前半メンバー
GK以外はブレイクし始めているメンバー。
完全なる覚醒を目指し『圧倒的な内容で勝つ・強いチームへの仲間入り』を目指して只今チームとしてのブレイクに取り組み中。

相変わらず惜しい状態が続いています。
フィールド7人中5人が2・3年生で年下ですが、相変わらず無失点で勝ちきることが凄い。
ただ、清澤式ロンドのサッカーをブレイクさせたら、内容・スコアともに今の3倍以上圧巻のものになります。
完全ブレイクのきっかけはCFの収まりと怖さから。
この年代ですでにこのレベルに来れたのは、初めて。
過去最速でブレイクすることは間違いないのですが、CF始め、全体がいつブレイクするのか、とても待ち遠しいです。


★後半メンバー
トータルスコア的にはボロ負けでしたが、ほぼ年下、このメンバーで、この内容にはとても成長を感じられました。
特にDF陣、MFはほぼ対等に戦えるまでになっていましたので、FW3人+1名の成長が待ち遠しいです。



これからも根気よく継続して全員の力を伸ばしていきましょう。
誰が出ても面白い個性を発揮出来るぶ厚い選手層を、早く実現したいですね!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.11.09 2・3年生 相模原市ギオンカップミニサッカー大会U-9 準優勝!!!

November 08, 2019

試合

2019.11.09 4・5・6年生 U-12練習試合 vs 麻溝SSS

November 09, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 4・5・6年生 》
◎試合種別《 U-12練習試合 vs 麻溝SSS(相模原) 》

■日程/ 11月9日(土)
■天候/ 晴れ
■場所/ 広陵小学校
■帯同/ 清澤、カズコーチ
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×2試合+10分ハーフ
■対戦相手/ 麻溝SSS U-12

(前半メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ 5年こうへい
DF/ うめちゃん、れいま、つばさ
MF/ 5年まなと
FW/ 5年かい、しんちゃん、5年ふうま
※4年ゆめちゃん、4年しゅんとは、半分で(つばさ・かい・まなと)の誰かと交代

(後半メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ しんちゃん(5年ふうま)
DF/ 5年こうへい、4年けんと、さきな
MF/ 4年えいたん
FW/ 5年そうあ、5年ぜんた、4年そうた



【試合結果】

( 1試合目前半 )
■スコア/ 5ー0 勝ち
■得点者/ しんちゃん×3、ふうま、うめちゃん

( 1試合目後半 )
■スコア/ 0-2 負け
■得点者/ 


( 2試合目前半 )
■スコア/ 3-4 負け
■得点者/ ふうま、しんちゃん、つばさ

( 2試合目後半 )
■スコア/ 0ー1 勝ち
■得点者/ 


( 3試合目前半10分 )
■スコア/ 0ー1 負け
■得点者/ 

( 3試合目後半10分 )
■スコア/ 0ー1 負け
■得点者/ 


【総合】
★前半チーム/ 8-5 勝ち
★後半チーム/ 0ー4 負け



■総評/ 清澤

【テーマ】調子の波をなくす
※守備/ 切り替えの集中とハードワーク
※攻撃/ プレーの選択
①当てて走る(中or外)
②やめて預ける(または広げる)


(コーチ感想)
11月9日(日)。
広陵小学校へ、麻溝SSSU-12チームさんにお越し頂きました。
本日は誠にありがとうございました!
また応援してくださった保護者の皆様、心より御礼を申し上げます!

★前半メンバー
GK以外、もうブレイクし始めているメンバー。
完全なる覚醒を目指し『圧倒的な内容で勝つ・強いチームへの仲間入り』を目指して只今チームとしてのブレイクに取り組み中。

1本目の入りは良くなく、しかし途中からパスワークと間を縫うドリブル、どちらを使うかの判断が明確になって乗り始め、大量得点で圧勝。
2本目も半分まではノリノリで、3ー0まで進みました。
しかし、攻撃中のFWの不用意な間へのパスからカウンターを受けてあっさり失点。
すると、全員にネガティブシンキングが蔓延し、不用意なプレーで次々に失点&逆転される。
3本目も、立て直すことなく、攻撃する気持ち、前に行く気持ちが見られず、
FWは完全に足が止まり、自らの動き出しでボールを呼び込む積極性が消えて負け。
トータルでは、2本目の途中までの貯金で勝ちましたが、メンタル的にとても弱いところが露呈した試合でした。

【良かったこと】
5年かいがボールを失わないシーンが増えた。
4年しゅんとのプレスやカットの狙いが十分に通用していた。

【薄すぎる選手層を厚くする】
5年みずきを大怪我でしばらく欠いてしまうこの時期。
ある意味では、この課題に対してしっかりと取り組めるチャンスです。
一人いなくなっただけで、FWは2枚しか機能しなくなる。
GKはゴール枠に飛んできたボールはほとんど入る(ボールに食らいつく意欲が見られない)。
本人たちはレベルアップに努めること。
周囲の人たちは如何にコミュニケーションをとりながらサポート出来るようになるかが課題。

【課題/はっきりプレーし続ける!】
●毎試合、チームとして単調にしかプレー出来ていないことの克服!
パスかドリブルか、状況に応じて各個人が自分ではっきりと選択出来るようになると克服出来る。
現時点では、パスや連携しか考えない時は全員がそれしか考えず、
間を狙うドリブルしか考えない時は、誰もパスワークや連携を考えず全員で強引にドリブルしてしまう。
●迷いを一切出さずに試合を終える習慣を持つ!
【意思の疎通『声』『瞬時の会話』】
簡単なシーン。抜け出せば、ゴール。
簡単なラスト。それだけでゴール。
ネガティブになり始めると、
そんなチャンスに相手の最終ラインで迷い、ひっかけ、カウンターを受けて終わることがとても多い。
そうなるとディフェンス陣は自ゴール前に張り付いてこねる、まったく前に進まず、そのようなリスクの高い場所でどんどんバックパスをする。
普段から瞬時の会話で何を狙うべきかチームとして明確にし、迷いなくプレーし続ける『意思の疎通』と会話のタイミングを癖づけなければなりません。
『試合に迷いを持ち込まない!』
ネガティブがすぐに全選手に蔓延するのはムードメーカーが居ないこともありますが、
ならば全員で声がけし、常にはっきりプレーし続ける習慣を持つ。

【攻撃の課題】
FW陣。
常に次の狙いを伝え合い、はっきりとプレーすることを心掛ける。
大半の選手が、まだ間から見れていない(技術と知識はあるが試合でネガティブシンキングになった瞬間に真っ白になっている)。横を見ていたり、横へ強引にドリブルする。
FWの攻撃&守備は、本日のところも2枚しか機能していなかった。


★後半メンバー
4年生まで交えた割にまずまず。

【守備面】
FW3人がマークを覚えること。
ハードワークの準備を早く出来るようになること。
縦を止め、相手の動きを止める守備を覚えること。

【攻撃面】
FW3人が、パス待ち状態で止まったまままったく動き出しがない。
受け身でしかない。
FWは自ら先に動いてボールを呼び込むことを覚えていくこと。

これからも根気よく継続して全員の力を伸ばしていきましょう。
誰が出ても面白い個性を発揮出来るぶ厚い選手層を、早く実現したいですね!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.11.04 2・3(・4)年生 相模原市U-9スカイリーグ 第5節 vs 東FC

November 03, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 2・3(・4)年生 》
◎試合種別《 相模原市U-9スカイリーグ第5節 vs 東FC 》

■日程/ 11月4日(月)
■天候/ 晴れ
■場所/ 三栗山グランド
■帯同/ 清澤、遠藤コーチ
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×2
試合
■対戦相手/ 
リーグ戦/ 東FC U-9
TRM/ 南大野SSS U-9

(リーグ戦メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ れお
DF/ たいよう、2年あゆま、ほうすけ
MF/ るいるい
FW/ かなた、やまちゃん、たっくん

(TRMメンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ やまちゃん
DF/ 4年しゅんと(後半途中→4年えいたん)、4年けんと(後半→4年ゆめちゃん、4年ゆめちゃん(後半→4年そうた→4年けんと)
MF/ 4年えいたん(後半→2年てんま)
FW/ れお(後半→とも)、2年てんま(後半→れお)、4年そうた(後半→らいと)



【試合結果】

( リーグ戦 vs   東FC )
■スコア/ 13-0 勝ち
■得点者/ やまちゃん×6、るいるい×4、かなた×2、たっくん


( TRM vs   南大野SSS )
■スコア/ 2-2 引き分け
■得点者/ れお、らいと



【リーグ戦績】
★5戦5勝0敗0分/ 勝点15



■総評/ 清澤

【テーマ】調子の波をなくす
※守備/ 切り替えの集中とハードワーク
※攻撃/ プレーの選択
①当てて走る(中or外)
②やめて預ける(または広げる)


(コーチ感想)
11月4日(月)。
三栗山グランドへお招き頂き、東FCさんとの相模原市U-9スカイリーグ第5節を戦ってきました。
東FCさん、本日はお招き頂き、そしてご対戦頂き、誠にありがとうございました。
またTRMでご対戦頂いた南大野SSSさんも、ありがとうございました!
さらに保護者の皆様、本日も熱く応援して頂き、誠にありがとうございました。

★リーグ戦メンバー
高度で、いかついゴールを量産し、大量得点しました。
迫力も、華麗さも、見応えも十分。
これで無敗の5連勝。
昨日のリーグ戦もそうですが、観ている人、応援している人には十分すぎるほどの内容だったと思います。
ただ、このチームをこの先とてつもない結果を出す、えげつないレベルに到達させるには、昨日に引き続きまったく同じ問題がどうしても私には見えてしまいます…

彼らはまだ惜しいところに居る状態で、ロンドを扱うサッカーが出来る技術と知識レベルに到達していません。
なのでまだ満足させたくありません。
彼ら個人、チームの先を見据えて、私は取り組むべき課題をまだまだ与えます。

『ボールを受ける時、早く正確にゴールの方向に体を向ける力』。
CFの選手は特にです!
この技術には様々な方法があります。
ただ、すべての方法に共通するのは、ボールを失わず、とにかく早く、ゴール方向を向くという部分。
必ずしも、ゴール方向へ進むわけではなく、それも含めてゴール方向を向くということ!

次に、
『間を狙ったドリブルが無い』という問題。
チームに迫力ある推進力とチャンスを生み出します。
現時点ではそもそも間を探していません。
彼らの攻撃は、
①目の前の相手を抜くことを目的とした強引なドリブル
②連携プレー
これだけで成り立っています。
②は当面問題なしとして、今後は①を『間を縫うことを狙ったボール運び』に変えていきます。

惜しいところまで来ました!
もう少しです!
みんなでとんでもない結果を出せる選手、チームになりましょ!!!

【守備の課題】
①FW3人はお互いに攻撃が失敗した瞬間、ボールを取ることも大切ですが、カウンター阻止のため素早く縦を止める習慣をつけるべし!
②FW3人は、ボールを取ろうとすることも大切ですが、それ以前に相手DFを慌てさせる意識を持つべし!


★TRMメンバー
まだ入団して間もない、れお、らいとの仲良しコンビに、それぞれ初ゴールが生まれたとのこと。
私が高学年の試合に戻ったため、みんなを見てあげることが出来ませんでしたが、それぞれがちゃんと成長していることを聞いています。


これからも根気よく継続してみんなで力を伸ばしていきましょう。
誰が出ても面白い個性を発揮出来るぶ厚い選手層を、このカテゴリーでも早く実現したいですね!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.11.04 5・6年生 U-12練習試合 vs FC多摩川ジュニア、コスモSC

November 03, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 5・6年生 》
◎試合種別《 U-12練習試合 vs FC多摩川ジュニア/コスモサッカークラブ》

■日程/ 11月4日(月)
■天候/ 晴れ
■場所/ 広陵小学校
■帯同/ 清澤さん、沖山、荒川くん
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×4
15分2本
■対戦相手/ 
FC多摩川ジュニアU-12(多摩市)
コスモサッカークラブU-12(世田谷)

(前半メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ 5年しゅんや
DF/ うめちゃん、れいま、つばさ
MF/ 5年まなと
FW/ 5年かい、しんちゃん、5年ふうま

(後半メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ しんちゃん(ふうま)
DF/ 5年こうへい、れいま、さきな
MF/ (前半チームから半分交代)
FW/ 5年そうあ、5年ぜんた、5年しゅんや



【試合結果】

VS多摩川ジュニア
( 1試合目前半 )
■スコア/ 1-0 勝ち
■得点者/ つばさ

( 1試合目後半 )
■スコア/ 0-2 負け
■得点者/ 


VSコスモサッカークラブ
( 2試合目前半 )
■スコア/ 3-1 勝ち
■得点者/ しんちゃん3

( 2試合目後半 )
■スコア/ 3-1  勝ち
■得点者/ うめちゃん3


VS多摩川ジュニア
( 3試合目前半 )
■スコア/ 0-0 △
■得点者/ 

( 3試合目後半 )
■スコア/ 0-0 △
■得点者/ 


VSコスモサッカークラブ
(4試合目前半)
■スコア/ 1-0 勝ち
■得点者/ ふうま

(4試合目後半)
■スコア/ 0-2 負け
■得点者/ 


VS多摩川ジュニア 
(15分1本)
■スコア/ 1-1 △
■得点者/ かい

VSコスモサッカークラブ
(15分1本)
■スコア/ 2-1 勝ち
■得点者/ れいま、しんちゃん


【総合】
★前半チーム/ 
VS多摩川ジュニア/ 2-1  勝ち
VSコスモサッカークラブ/ 4-1  勝ち

★後半チーム/ 
VS多摩川ジュニア/ 0-2  負け
VSコスモサッカークラブ/ 5-4  勝ち

以上、カズコーチからの報告。



■総評/ 清澤

【テーマ】調子の波をなくす
※守備/ 切り替えの集中とハードワーク
※攻撃/ プレーの選択
①当てて走る(中or外)
②やめて預ける(または広げる)


(コーチ感想)
11月4日(月)。
広陵小学校へ、FC多摩川ジュニアU-12チームさん(多摩市)、コスモサッカークラブU-12(世田谷)チームさんにお越し頂きました。
両チームの皆さん、本日は誠にありがとうございました!
また応援してくださった保護者の皆様、心より御礼を申し上げます!
私は、下の学年のリーグ戦のため、途中で抜けて途中で帰ってくるという形になりました。

★前半メンバー
GK以外、もうブレイクし始めているメンバー。
完全なる覚醒を目指し『圧倒的な内容で勝つ・強いチームへの仲間入り』を目指して只今取り組み中。

『ボールを受ける時、早く正確にゴールの方向に体を向ける力』。
CFの選手は特にです!
この技術には様々な方法があります。
ただ、すべての方法に共通するのは、ボールを失わず、とにかく早く、ゴール方向を向くという部分。
必ずしも、ゴール方向へ進むわけではなく、それも含めてゴール方向を向くということ!

次に、
『間を狙ったドリブルが無い』という問題。
チームに迫力ある推進力とチャンスを生み出します。
現時点でこのチームは、パスと連携プレーだけで攻撃を組み立てています。
これを伝えたところ、CBれいま、CFしんちゃんが、最後の1本でやり始めました。
すでに、力は持っています。
やり始めると、最終ラインから一人でも相手ゴール前まで簡単に運ぶことが出来ていました。
この力は、すでに前半メンバー全員が持っています!
なので、試合でやりましょう!

惜しいところまで来ました!
もう少しです!
みんなでとんでもない結果を出せる選手、チームになりましょ!!!

その他。
【薄すぎる選手層を厚くする】
5年みずきを大怪我でしばらく欠いてしまうこの時期。
ある意味では、この課題に対してしっかりと取り組めるチャンスです。

【守備の課題】
本日は、昨日の反省をちゃんと活かして集中・声がけしていました。
①序盤からのハードワークの習慣化
②DF3人のラインアップ
③攻守とも、両サイドバックはウィングについて行く、ウィングを追い越す

【攻撃の課題】
FW3人が連動して、初めて後ろの選手たちも含めた全体が連動し様々なリズム、攻撃のアイディアを生み出せる。
※これまでのスタメンが欠けても違和感を出さないレベルへの成長
※本日は、昨日より良くなっていました


★後半メンバー
さきな、こうへいにディフェンス・攻撃面でさらなる成長が見られました。
攻守に覚えていこう、出来ないことをやろうとする意欲も見え、とても良いと思います。
【守備面】
マークを覚えること。
ハードワークの準備を早く出来るようになること。
ボールを奪おうとする気持ちも大切ですが、まずは縦を止めて簡単に抜かれないようにすること。
【攻撃面】
ボールを繋ぐ。


これからも根気よく継続して全員の力を伸ばしていきましょう。
誰が出ても面白い個性を発揮出来るぶ厚い選手層を、早く実現したいですね!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.11.03 2・3(・4)年生 相模原市U-9スカイリーグ 第4節 vs FC ZEUS小山

November 02, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 2・3(・4)年生 》
◎試合種別《 相模原市U-9スカイリーグ第4節 vs FC ZEUS小山 》

■日程/ 11月3日(日)
■天候/ 晴れ
■場所/ 向陽小学校
■帯同/ 清澤、遠藤コーチ
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×2
.5試合
■対戦相手/ FC ZEUS小山

(リーグ戦メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ れお
DF/ たいよう、2年あゆま、ほうすけ
MF/ るいるい
FW/ かなた、やまちゃん、たっくん

(TRM1本目メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ やまちゃん
DF/ 4年しゅんと、4ね年けんと、4年ゆめちゃん
MF/ 4年えいたん
FW/ 4年そうた、4年せあ、れお

(TRM2本目メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ やまちゃん
DF/ 4年そうた、4ね年けんと、4年えいたん
MF/ 4年せあ
FW/ らいと、2年てんま、とも

(TRM3本目メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ 4年えいたん
DF/ 4年しゅんと、2年あゆま、4年ゆめちゃん
MF/ るいるい
FW/ かなた、やまちゃん、たっくん



【試合結果】

( リーグ戦 )
■スコア/ 1-0 勝ち
■得点者/ やまちゃん


( TRM1本目 )
■スコア/ 0-1 負け
■得点者/ 


( TRM2本目 )
■スコア/ 0-2 負け
■得点者/ 


( TRM3本目 )
■スコア/ 3-0 負け
■得点者/ やまちゃん×3


【リーグ戦績】
★4戦4勝0敗0分/ 勝点12



■総評/ 清澤

【テーマ】調子の波をなくす
※守備/ 切り替えの集中とハードワーク
※攻撃/ プレーの選択
①当てて走る(中or外)
②やめて預ける(または広げる)


(コーチ感想)
11月3日(日)。
向陽小学校へお招き頂き、FC ZEUS小山さんとの相模原市U-9スカイリーグ第4節を戦ってきました。
FC ZEUSさん、本日はお招き頂き、誠にありがとうございました。
また応援してくださった保護者の皆様、本日も誠にありがとうございました。

★リーグ戦メンバー
まだブレイク前の中、すでにここまで出来るのは率直に素晴らしい!
ブレイクするためには、あらゆる『タイミング』を測りながらプレー出来るようになること。
本日も、ほぼ相手コート・相手ゴール前でプレーをしていました。
しかしながら、ディフェンスがしっかりしている相手チームに対し、ブレッサはブレイク前なだけにいくら押し込み続けても、たった1点しか取れず。
次第に攻撃陣の強引さ、球離れの悪さから、終盤に危険なボールの失い方を繰り返し、カウンターや相手プレスを元気付けるきっかけを与えてしまいました。
それでも、勝ち切ったのは素晴らしかったと思います。

【守備の課題】
基本的には素晴らしいので、継続。
たいよう、ほうすけにも随分な上達を感じました!
ただ、FW3人が相手DFから無理やりボールを取ろうとする意識を改善する課題が浮上(我慢も大事)。
①FW3人はお互いに攻撃が失敗した瞬間、ボールを取ることも大切ですが、カウンター阻止のため素早く縦を止める習慣をつけるべし!
②FW3人は、ボールを取ろうとすることも大切ですが、それ以前に相手DFを慌てさせる意識を持つべし!

【攻撃の課題】
FW3人に課題が山積みですが、
まずは軸とならなければならないCFの覚醒を促したいと思います。
CFのやまちゃんは、攻撃では全力を滅多に出さずにプレーする習慣を身につけること。
同じ方向、同じ縦へのドリブルでも『スピードを落としながら』が最も重要です。
※いきなりMAXスピードは、『✖︎』
常に力を抜くこと。
基本プレーの90%以上はゆるいスピードでプレーすること。
そのゆるいスピードの中で、「ここぞ!」という時にスピードを上げるか否かを決め、やらないならばボールを早く離す習慣も身につける。
CFが改善されれば、両ウイングもボランチも活きてきます。
エースとしての必死さよりも、エースとして皆に与える安心感をやまちゃんに養いたいと思います(ボールを失わない→運んでくれる・つないでくれる)。


★TRM1・2本目メンバー
スコア的には負けでしたが、全体的な成長を感じました。
特に今日は、せあに大きな変化、天馬に何か光るものを感じました。
せあは、TRM3試合目のメンバー交代に入れて、どんな感じか見てみたかったのですが、「足が痛い…」とのことで今日は断念。
次回、ぜひ見てみたいです!


★TRM3本目メンバー
両サイドバックが、ゆめちゃん、しゅんと、GKがえいたんになると全体の落ち着きが断然違います。
すべてが安心して観れる内容になりました。
また、ゆめちゃん、しゅんとには、昨日の特練から伸びたのであろう、見ているところの良さ・ボールを運ぶ方向の良さ・多彩な方向へのパス&ゴーが見られました。
両サイドが明らかに成長したことで、今後が楽しみです。


これからも根気よく継続してみんなで力を伸ばしていきましょう。
誰が出ても面白い個性を発揮出来るぶ厚い選手層を、このカテゴリーでも早く実現したいですね!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.11.03 5・6年生 練習試合 vs FC ANDRO厚木 U-12

November 02, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 5・6年生 》
◎試合種別《 U-12練習試合 vs FC ANDRO厚木 》

■日程/ 11月3日(日)
■天候/ 晴れ
■場所/ 広陵小学校
■帯同/ 清澤、長谷川さん
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×3試合
■対戦相手/ FC ANDRO厚木

(前半メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ 5年しゅんや
DF/ うめちゃん、れいま、つばさ
MF/ 5年まなと
FW/ 5年かい、しんちゃん、5年ふうま

(後半メンバー)
■フォーメーション/ 3-1-3
※右から
GK/ しんちゃん
DF/ 5年こうへい、れいま、さきな
MF/ (前半チームから半分交代)
FW/ 5年そうあ、5年ぜんた、5年しゅんや



【試合結果】

( 1試合目前半 )
■スコア/ 0-3 負け
■得点者/ 


( 1試合目後半 )
■スコア/ 0-1 負け
■得点者/ 


( 2試合目前半 )
■スコア/ 0-1 負け
■得点者/ 


( 2試合目後半 )
■スコア/ 0-3 負け
■得点者/ 


( 3試合目前半 )
■スコア/ 3-1 勝ち
■得点者/ 


( 3試合目後半 )
■スコア/ 0-4 負け
■得点者/ 


【総合】
★前半チーム/ 3-5 負け
★後半チーム/ 0-8 負け



■総評/ 清澤

【テーマ】調子の波をなくす
※守備/ 切り替えの集中とハードワーク
※攻撃/ プレーの選択
①当てて走る(中or外)
②やめて預ける(または広げる)


(コーチ感想)
11月3日(日)。
広陵小学校へ、FC ANDRO厚木さんにお越し頂きました。
ちょうど今取り組みたかった課題に取り組め、私たちにとってはとても有意義な練習試合でした。
本日は誠にありがとうございました!
また応援してくださった保護者の皆様、心より御礼を申し上げます!

★前半メンバー
GK以外、もうブレイクし始めているメンバー。
完全なる覚醒を目指し『圧倒的な内容で勝つ・強いチームへの仲間入り』を目指して只今取り組み中。

1本目は黙って見ていました。
良い感じでスタート出来たのに、どんどんリズムを崩し、ズルズル3失点。
2本目でコーチが口を出して修正開始。
3本目で本来のリズムを取り戻し、ようやく勝利。
常に自分たちのペースでプレーし続けるための攻守いくつかのポイント、みんな頭では分かっています。
そして、言えば出来ます。
でもまだ、コーチが黙っていたら試合では忘れてしまうレベル。

【薄すぎる選手層を厚くする】
みずきを大怪我でしばらく欠いてしまうこの時期。
ある意味では、この課題に対してしっかりと取り組めるチャンスです。
現時点では、みずきに代わる選手がフィールドに入ると攻守の連動・連携が止まります。
みんなが動くことでスペースが出来、そのスペースに次の人が入る。
誰かが止まっていると、次の人も動けないのです。
自分たちのペースをつくるために、
みんなは、動かないひとを動かさなければなりません。
また原因となっている選手は、仲間の動き、相手の動きを予測して、自分から次々に動き出す力を身につけなければなりません。
みんなで、頑張りましょう。
またGKは今日は誰も居なかったから、やってもらうしかなかった経緯があります。
だからこそ、自信がないのはわかる。
でも、ボールへの執着心を出さず、ボールが飛んできたら逃げたり、無反応でいるのはちょっと違う。
フィールドのみんなは、どうやってGKが意欲を出せるようにサポートするか、声をかけてあげられるか。
GK自身はピッチに出ている以上、共に戦う心を合わせる。
その上での失敗はぜんぜん問題ないこと。
3本目の勝利は、この2点の問題に取り組んだことで、みんなで手に入れた結果でした。

【守備の課題】
①序盤からのハードワークの習慣化
※コーチが黙っていた1本目、すごくゆるかった
②DF3人のラインアップ
※上に同じ
③攻守とも、両サイドバックはウィングについて行く、ウィングを追い越す
※上に同じ

【攻撃の課題】
FW3人が連動して、初めて後ろの選手たちも含めた全体が連動し様々なリズム、攻撃のアイディアを生み出せる。
※コーチが黙っていた時間、FW2人しか連動がなく、全体の動きがチグハグだった
※どんなトリオであろうとも、3人が動く!


★後半メンバー
スコア的には大差の負けでしたが、さきな、こうへいしゅんやにディフェンス意識の芽生えも感じました。
相手に対しての立ち位置が課題ですが、ハードワークしようとする意識も見えています。
攻撃面も順調に成長していると見えました。
そうあ、ぜんたも含めて、前半に出ていない後半メンバー全員がマークを覚えること。
ハードワークの準備を早く出来るようになること。
前半メンバーはよくサポートの声が出ていました。
引き続きサポートしていきましょうね。


これからも根気よく継続して全員の力を伸ばしていきましょう。
誰が出ても面白い個性を発揮出来るぶ厚い選手層を、早く実現したいですね!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

Please reload