2019.09.23 (3・)4・5年生 相模原S3市リーグU-11 第4節

September 22, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《 4・5年生 》

◎試合種別《 相模原市S3リーグ U-11 第4節 》

 

■日程/ 9月23日(月)

■天候/ 曇り時々晴れ(強風)

■場所/ 上鶴間小学校

■帯同/ 清澤、遠藤コーチ

■試合形式/ 8人制20分ハーフ+20分1本

■対戦相手/

第4節/ パッセSC B

■フォーメーション/ 3-1-3

 

(リーグ戦メンバー)

※右から

GK/ 4年えいたん

DF/ 4年しゅんと、まなと、4年ゆめちゃん

MF/ ふうま

FW/ かい、みずき、3年やまちゃん

 

(TRMメンバー)

※右から

GK/ みずき

DF/ 4年せあ、4年けんと、4年えいたん

MF/ 3年るいるい

FW/ 4年そうた、ぜんた(そうあ)、しゅんや

 

 

 

【試合結果】

 

( 市リーグ第3節 vs ポデロッサ )

■スコア/ 7-1 勝ち

■得点者/ みずき×3、かい×3、やまちゃん

 

 

( TRM )

■スコア/ 0-0 引き分け

■得点者/

 

 

★リーグ戦績

4戦4勝 勝ち点12

 

 

 

■総評/ 清澤

 

【テーマ】

※守備/ ハードワークの習慣化

前についていく。

※攻撃/ 培っている力を試合にリンクさせていく

スペースをつくる。

スペースでボールをもらう。

センターバックの前に入っていく。

 

 

(コーチ感想)

9月23日(月)、

上鶴間小学校にて、相模原市U-11S3リーグ 第4節に招いて頂きました。

パッセさん、本日は誠にありがとうございました!

また応援してくださった保護者の皆様、心より御礼を申し上げます!

 

★リーグ戦メンバー

まずは4連勝、おめでとう!

校庭にあったバスケットの重たいゴールが倒れるほどの強風…(びっくりしましたね!)

誰も怪我せず、良かった!

 

風上に立った前半。

パッセさんの特徴である蹴り込みは風で封じられることで超有利だったはず。

子供たちの進化は少しずつ見え、パスの成功率、ボールポゼッション率も上がってきました。

でも、コーチが黙って見ていた前半は攻め込んでも攻め込んでも0-0でした。

 

ハーフタイムに何故崩しきれなかったか聞いてみると、誰も原因が分からず。

答えは『仲間を使わないから』です。

個人で孤立したプレーをしていました。

なので後半は、『仲間に当てて、走る』シュートワンツーの多様をアドバイスしました。

すると得点を重ねることに成功。

見事な連係プレーが次々に出現しました。

そのベースの中での個人プレーが輝き始めました。

現在トレーニング中のパスのための持ち方づくり、崩しに行くための持ち方づくり、基本は『仲間に当てて走ること』です。

 

その他、大きな修正ポイントは相手のクリアボールの処理時、ボールを触りに行く足を間違えていることが多いこと。

右方向に飛んできたなら右足、左なら左足という基本がとても緩いところも早目に修正したいと思います。

 

 

★TRMメンバー

基礎運動能力。

基礎技術。

そしてサッカーをプレーする基礎知識。

相手も似たり寄ったりでしたので、攻め込めた回数も多かったですが、まだ試合になりません。

U-11チームには、こちらのメンバーのレベルアップが必須。

厚みのある選手層を実現するためにも、みんなの力が必要です。

とにかく基礎の力をあげて、次のステップへと取り組めるよう、トレーニングメニューに工夫をしますので、引き続き共に頑張りましょう!

 

 

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.09.16 5・6年生 武内記念フットサル大会U-12

September 15, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 5・6年生 》
◎試合種別《 武内記念フットサル大会 U-12 》

■日程/ 9月16日(月)
■天候/ 屋内
■場所/ ギオンアリーナ(市立総合体育館)
■帯同/ 清澤、航平コーチ、長谷川さん
■試合形式/ 5人制15分×3本
■対戦相手/ 予選Eブロック
予選1試合目/ 作の口SSS
予選2試合目/ アトラソン
予選3試合目/ 大沼SSS
■フォーメーション/ 3-1-3

(メンバー)
※右から
ゴレイロ/ 5年みずき
フィクソ/ うめちゃん、つばさ
アラ/ しんちゃん
※バックアップ
5年ふうま、5年まなと、とうま、さきな、5年かい、5年しゅんや、5年こうへい、5年そうあ


【試合結果】

( 予選1試合目 vs 作の口 )
■スコア/ 6-1 勝ち
■得点者/ しんちゃん×3、ふうま×2、うめちゃん


( 予選2試合目 vs アトラソン )
■スコア/ 1-1 引き分け
■得点者/ うめちゃん


( 予選3試合目 vs 大沼 )
■スコア/ 1-3 負け
■得点者/ しんちゃん


★予選リーグ戦績
3戦1勝1敗1分 勝ち点4 リーグ2位
予選敗退



■総評/ 清澤

【テーマ】
※守備/ ハードワークの習慣化
前についていく。
※攻撃/ 培っている力を試合にリンクさせていく
スペースをつくる。
スペースでボールをもらう。
センターバックの前に入っていく。


(コーチ感想)
9月16日(月)、
ギオンアリーナにて、武内記念フットサル大会U-12に参加してきました。
大会を運営して頂いた市のサッカー協会の皆様、ご対戦頂いた皆様、本日は誠にありがとうございました!
今回もたいへん楽しませて頂きました!
また応援してくださった保護者の皆様、心より御礼を申し上げます!

予想通り攻撃に関しては落ち着いてボールを持ったり、パスを回すことが出来ませんでしたが、
ハイプレスと球際の強さはとても見事で、相手をなす術なしと言う形に落とし込めました。

1・2試合目。
優勝候補のアトラソンさんに勝ってもおかしくない引き分けでした。
参加チーム全体を見渡しても、プレスだけしっかり続ければ、この大会の優勝も目指せるくらいだと思いました。

最終試合は、
アトラソンさんとの得失点差で1位が決まる。
ブレッサとしては、ここまでいずれも大敗で2連敗を喫している大沼さんとの対戦だったので、比較的有利な状況でした。

「◯◯点取れば、絶対1位!」とはやる子供達に対して、
私は、
「出来るだけ点を取るに越したことはないけど、ここまでの2試合で見せている素晴らしいプレスを続けることが先決だよ。」
「プレスをちゃんとやれば、自然に点は取れるから!」と念を押しました。

最終試合。
蓋を開けてみれば、キックオフからどこからでもボコボコ蹴りまくる。
ただ思い切り蹴ってるだけで、パスは一切考えない。
ゴレイロとの1対1、1対2や3の決定機も、めちゃくちゃに蹴飛ばすだけで次々に外す。
落ち着くよう指示しても、完全にトランス状態。
比較的落ち着ける5年生たちを入れてみても、6年生たちのトランス状態が止まらず、押し続けるもまったく点が入らず時間だけがどんどん経過。
焦りに焦り、パニック状態になって、青ざめて足を止める真っ白状態が始まりました。
守備の狙いがより一層無くなり、スコンスコンやられて、あっさり負けてしまいました。

■敗因
守備を徹底するところから入らず、点を取りたい意識を先行させたこと。
※すべてのベース/攻守の切り替えと守備をしっかりとやり続ける意識が習慣化されていない

上記は、この先チームとしてブレイクするための貴重な学び、基本中の基本として子供達に意識づける必要かあります。

■課題/中2鬼回しと同じく、崩しの狙いは持つけど無理はしないパス回しから隙を狙うゲームメイクの意識を持たせる。
崩しに行くためのダイレクトパスの意識はあるのですが、それしかありません。
またボールを持つ時は持ち方をまったく作らずやたらスピードを上げるか、ただ止まってしまう。
『見えていない状態でドリブルやパスをしています。』
①行くけど、無理せず広げたり、やり直す、中2の鬼回し
②アンダー2ゲーム
で扉を開けてみます!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.09.14 (3・)4・5年生 相模原S3市リーグU-11 第3節

September 13, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 4・5年生 》
◎試合種別《 相模原市S3リーグ U-11 第3節 》

■日程/ 9月15日(日)
■天候/ 晴れ
■場所/ 若草中学校
■帯同/ 清澤、遠藤コーチ、航平コーチ
■試合形式/ 8人制20分ハーフ×2試合
■対戦相手/ 
第3節/ FCポデロッサ
■フォーメーション/ 3-1-3

(リーグ戦メンバー)
※右から
GK/ 4年えいたん
DF/ 4年しゅんと、まなと、4年ゆめちゃん
MF/ ふうま
FW/ みずき、3年やまちゃん、かい

(TRMメンバー)
※右から
GK/ 4年しゅんと
DF/ こうへい、4年けんと、4年えいたん
MF/ 4年せあ
FW/ 4年そうた、そうあ、しゅんや



【試合結果】

( 市リーグ第3節 vs ポデロッサ )
■スコア/ 1-0 勝ち
■得点者/ みずき


( TRM )
■スコア/ 0-11 負け
■得点者/ 


★リーグ戦績
3戦3勝 勝ち点9



■総評/ 清澤

【テーマ】
※守備/ ハードワークの習慣化
前についていく。
※攻撃/ 培っている力を試合にリンクさせていく
スペースをつくる。
スペースでボールをもらう。
センターバックの前に入っていく。


(コーチ感想)
9月15日(日)、
若草中学校にて、相模原市U-11S3リーグ 第3節に招いて頂きました。
ポデロッサさん、本日は誠にありがとうございました!
また暑い中、応援してくださった保護者の皆様、心より御礼を申し上げます!

★リーグ戦メンバー
まずはリーグの難敵、ポデロッサさんを倒せたこと、おめでとう!
何とか戦いきり、泥臭く勝てた試合。
とても大切なベース。
本当に頑張りました。
テーマの内容とはほど遠く、しんどい試合でした。
とにかく今月中に、培っている力の出し方を試合にリンクさせられるよう、戦術トレーニングに励みます!

★TRMメンバー
基礎運動能力。
基礎技術。
そしてサッカーをプレーする基礎知識。
まだ試合になりませんが、とにかく基礎の力をあげて、次のステップに取り組めるよう、頑張りましょう。



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.09.13 2・3年生 相模原市けやきカップU-9 3回戦

September 13, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 2・3年生 》
◎試合種別《 公式戦:第39回けやきカップトーナメントU9 3回戦 》

■日程/ 9月14日(土)
■天候/ 曇り
■場所/ 北公園
■帯同/ 清澤コーチ、遠藤
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×1試合
■対戦相手/ ヴィンクーロ
■フォーメーション/ 3-1-3

(メンバー)
※右から
GK/ ともひさ
DF/ たいよう、2年あゆま、ほうすけ
MF/ るい
FW/ かなた、やまと、たくと

ベンチ:らいと、れお、天馬


【試合結果】
■スコア/ 0-1 負け
■得点者/



■総評/ 清澤

【テーマ】
スペースを探しながらプレーをする。

(コーチ感想)
9月13日(土)、北公園にてけやきカップ3回戦に臨みました。
結果は、惜しくも敗退しましたが、みんな頑張りました!

序盤よりほぼハーフコートでブレッサの猛攻。
シュートを打てば決まりそうな決定的場面がいくつもありましたが、打たない。
ルックアップが出来ていないことを痛感しました。

その後もPKらしきものが2回ありましたが、PKにはならず残念!
その他、GKと完全1対1で、キーパーまで抜いたシーンなんかもありましたが、シュートを打つのが遅れてブロックされる。

決定的シーンは、なんだかんだでブレッサに多くあったものの、シュートへ持っていくタイミングの遅さが修正課題です。

相手にシュートは殆ど打たれてませんでした。
こちらのゴールキックも殆どありませんでした。
しかし相手はたった1回だけのカウンターからの決定機を決めました。
ここの差を埋めなければなりません。

また、失点につながった部分。
後半、少し苦しい展開になった原因の部分。
これは共通で、両サイドバックがウィングについて行っていなかったことがあげられます。
戦術的な動きをトレーニングに加え、相手が強くても下がって待ち構えず、前から行くことを伝えていきたいと思います。
また、跳ねたボール、ハイボールなどが両サイドバックのところで頭を超えるシーンも目立ちました。
ボールフィーリングと落下地点の読みが出来るようトレーニングしていきます。

攻撃に関しては、
ボールをスペースに持ち出せないことが目立ちました。
特に跳ねてるボールをその場で立ち止まって蹴ろうとし、持ち出せる相手に先に触られクリアされてしまう等。
この点も今後、強化します。

相手が強くなると、
プレスが早かったり、しっかりと蹴れたり、戻りが早くなったり、ボールを先に触る意識が高かったりします。

現時点では未熟なところが露呈し過ぎ、結果につながらないということを心に留め、子供達の成長の、肥やしにしていきたいと思います。

色々修正して、
次の大会は、久しぶりに優勝を狙う!
頑張りましょう!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.09.08 2・3・4年生 練習試合 vs横浜ユナイテッド U-10

September 07, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 2・3・4年生 》
◎試合種別《 練習試合 》

■日程/ 9月8日(日)
■天候/ 曇り
■場所/ 横浜市港南区久良岐公園広場
■帯同/ 遠藤
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×1試合+15分+20分
※時間の関係で変更になっています。
■対戦相手/ 横浜ユナイテッドFC U10
■フォーメーション/ 3-1-3

(メンバー:X)
※右から
GK/ せあ
DF/ しゅんと(ケガの為後半そうた)、あゆま(2年)、えいた
MF/ ゆめ
FW/ かなた(3年)、やまと(3年)、たくと(3年)
 
(メンバー:Z)
※右から
GK/ あゆま(2年)(後半やまと)
DF/ たいよう(2年)、けんと、ほうすけ
MF/ てんま(2年)
FW/ れお(3年)(後半らいと(3年))、せあ、ともひさ(3年)(後半そうた)

欠席:るい

【試合結果】
(1試合目:X)
■スコア/ 4-0 勝ち
■得点者/ たくと×2、やまと、OG
 
(15分1本:Z)
■スコア/ 0-0 引き分け
■得点者/
(20分1本:Z+最後5分X)
■スコア/ 0-0 引き分け
■得点者/

■総評/ 遠藤

【テーマ】
スペースを探しながらプレーをする。

(コーチ感想)
9月8日(日)横浜市久良岐公園広場にて横浜ユナイテッドFCさんにお招きいただき練習試合をしました、ありがとうございました!
 
現在のテーマは「スペースを探しながらプレーをする」、空いているスペースにボールを積極的に運んでいく(特にドリブル・パスもあり)ことを取り組んでいます。

今日ゴールへ向かうスペースが特に良く見えていた選手は、たくとでした!前回の公式戦では目の前にゴールに向かうスペースがあるところを蹴って相手ボールにしていたプレーがあったのですが、早くもそこが修正されて良い判断を度々していました!
引き続き完全に自分の能力として身に付けて欲しいです!
Xチームの両ウイング、たくととかなたは今日も試合中良い判断ができていました。この2人は今大きく成長しようとしています。
とても楽しみです。

Zチームについてもけんとやれおのパスカットからの長いドリブル等練習の成果が試合に出始めていました。
 
今このカテゴリーの選手達には、試合中コートの中で選手達が指示を出したり声掛けすることを強く投げ掛けています。
選手達の中でやまと、あゆま、たくと、けんと、といった試合中声掛けができているメンバーが徐々に増えてきています。
この流れで全員が試合中声掛けを頻繁に出来るように投げ掛け続けていきます。

以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.09.07 5・6年生 JFA U-12後期リーグ(県央地区予選) Eブロック 第8節・第9節

September 06, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 5・6年生 》
◎試合種別《 JFA U-12県央地区後期リーグ 第8節・第9節 》

■日程/ 9月7日(土)
■天候/ 晴れ
■場所/ 海老名運動公園
■帯同/ 清澤、はるかコーチ、長谷川さん
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×2試合
■対戦相手/ 
第8節・中新田SC(海老名市)
第9節・FC相模野(座間市)
■フォーメーション/ 3-1-3

(公式戦メンバー)
※右から
GK/ とうま
DF/ うめちゃん、れいま、つばさ
MF/ 5年ふうま
FW/ 5年みずき、しんちゃん、5年かい

※バックアップ/ さきな、5年しゅんや、5年こうへい、5年そうあ、



【試合結果】

( 第8節・中新田SC )
■スコア/ 0-2 負け
■得点者/ 

( 第9節・FC相模野 )
■スコア/ 0-3 負け
■得点者/ 


■リーグ戦績
1勝6敗2分 勝点5



■総評/ 清澤

【テーマ】 
★守備/ ハードワークの習慣化
※カットかトラップを狙うファーストディフェンスを集中し続けてやる!
※球際の攻防で負けない!
※キックオフから終了まで、この狙いの集中を切らさないようみんなで声をかける
★攻撃/ 
①4つの持ち方を試合の中で、どんどん切り替えて出していけるよう練習する。
②戦術・トップから狙う。



(コーチ感想)
9月7日(土)、
JFA・U-12後期リーグ最後の2試合に行ってきました。
会場運営及びご対戦頂いたペアーズ戸田SCさん、本日は誠にありがとうございました。
また暑い中、応援してくださった保護者の皆様、心より厚く御礼を申し上げます!

一言に、今日も持てる力の3割程度しか出さずに終わりました。

まず、取り組んできたトラップには、全体的な変化が見られました。
特に、FWのしんちゃん、みずきが随分おさまるようになりました。
(逆に慌てる選手/ファーストタッチ(トラップ)からの即座に持ち方4種を丁寧にしないことが原因)
これにより2試合ともあとはラストパスのみ!崩せる寸前まできているシーン(完全に崩したシーンは1回のみ)もありましたが、
現時点では、崩すシーンでFW全員が雑なパスミスをして終わる感じ。
練習では崩しきるシーンが増えてきていますので、引き続きトレーニングをしていきます。

ただし、サイドバックは後ろにいるままでFWを追い越してきません。
相手の気迫に押され、攻守に足が止まっている状態でした。
サイドアタックの選択肢を増やすために、どんな相手にも豊富な上下運動を心掛けること。
これもトレーニングに加える必要があります。


大きな問題は、
●守備
気迫ある両チームに対して、それに対抗するハート、それを行動で表すハードワークが出来ないこと。
どちらの相手チームも、プレッシャーにしっかりと来るチームでしたが、その気迫に気持ち負けして、ファーストディフェンスが下がり過ぎ、守備では後手を踏むシーンの多さが目立ちました。
潰せるシーンで気迫負けして下がってしまっているので、ボールを悠々と受けさせる気弱さ。
キックオフから、パスカットやトラップしたところをハードに行く気持ちに変えていく必要あり。

もう1点。
今日も球際の攻防があまりに弱すぎました。
ベンチから発破をかけ始めると、何人かは戦い始め、
戦った人は競り勝てる力があることを示した場面も多々ありました。
全員、球際の攻防なんかも勝てる力をみんなすでに持っています。
が、気持ち負けして、あえてやられている感じです。
結果を出すためには、欠かせない部分。

上記2点とも、ハートで負けている!
今後は、『結果』を意識させ、自分たちの培ってきた強さを知り、泥臭い場面でも負けないハートを出させなければならないことを痛感しました。

●攻撃に関して。
トラップと同時に、4種の持ち方をマスターするのことに取り組んでいます。
今日の試合では、
しんちゃんが2種類の持ち方。
みずき、ふうま、れいまが1種の持ち方。
あとの人は、持ち方を作らず慌ててる感じでした。
引き続きトレーニングと試合で、4種類の持ち方を、
★状況に応じて出す!
★状況に応じ、次々に連続して組み合わせる!
10月初旬までに、この状態に持っていくことを目指します。


★今後の課題
戦術0がブレッサの理想ですが、
力を出しやすいプレーの仕方を、一旦タクティクストレーニングの中で入れて行った方が子供達にピンと来るのも早いかも。
(そこから個々に応用出来ることを伝え、オリジナリティを創出してみたいと思います)
なので、やってみます!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.09.01 2・3年生 相模原市けやきカップU-9 2回戦

August 31, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 2・3年生 》
◎試合種別《 公式戦:第39回けやきカップトーナメントU9 2回戦 》

■日程/ 9月1日(日)
■天候/ 曇り
■場所/ 高田橋グランドA面
■帯同/ 清澤コーチ、遠藤、航平コーチ
■試合形式/ 8人制15分ハーフ×1試合
■対戦相手/ FC藤野2000
■フォーメーション/ 3-1-3

(メンバー)
※右から
GK/ ともひさ(後半やまと)
DF/ たいよう、あゆま(2年)、ほうすけ
MF/ るい
FW/ かなた(後半ともひさ→らいと)、やまと(後半かなた)、たくと

ベンチ:らいと
欠席:れお

【試合結果】

■スコア/ 11-0 勝ち
■得点者/ かなた×3、たくと×3、やまと、るい×3、ほうすけ

■総評/ 遠藤

【テーマ】
スペースを探しながらプレーをする。

(コーチ感想)
9月1日(日)高田橋グランドにてけやきカップ2回戦に臨みました。
結果は勝利し、3回戦に進むことが出来ました。
現在のテーマは「スペースを探しながらプレーをする」、空いているスペースにボールを積極的に運んでいく(特にドリブル・パスもあり)ことを取り組んでいます。それに以前からのテーマ、「相手コートに早く」もミックスさせながら試合をしてもらいました。
 
練習の成果としては、苦しい所(サイド奥や敵の密集地帯)にボールを運びそうになった時に、「やめて味方を使う」ことができる選手が増えたという事です。特にサイドのかなたが突っ込みそうになったところをやめて、あゆまやるいにボールを戻し、良い位置からドリブルで切り込んでいくプレーが見られました。かなたがボールを失わないプレーが出来るようになったところは成長の証です。
 
課題として、数名の選手がスペースをみつけてドリブルで行けるところを蹴ってしまい、みすみす相手ボールにさせてしまったところです。
「相手コートに早く」の意味を取り違えないように、ここは練習でルックアップできるメニューを取り組んでいるので、そこが試合にでてくると、落ち着いて正しい状況判断が出来てくると思いますので楽しみです。
 
今このカテゴリーの選手達には、試合中コートの中で選手達が指示を出したり声掛けすることを強く投げ掛けています。
勿論コーチもベンチからコーチングをしますが、選手達が全く判断せずにそれに動かされるのではなく、その情報をもとに自分主導で、或いは仲間の助けを得て判断して動けるように育てていきたいです。

以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.09.01 4・5年生 相模原市けやきカップU-11 1回戦

August 31, 2019

試合結果報告書
◎カテゴリー《 4・5年生 》
◎試合種別《 相模原市けやきカップ U-11 1回戦 》

■日程/ 9月1日(日)
■天候/ 晴れ
■場所/ 高田橋グランド
■帯同/ 清澤、航平コーチ、増子さん
■試合形式/ 8人制20分ハーフ×1試合
■対戦相手/ グラシア
■フォーメーション/ 3-1-3

(公式戦メンバー)
※右から
GK/ 4年えいたん
DF/ 4年しゅんと、まなと、4年ゆめちゃん
MF/ ふうま
FW/ かい、みずき、しゅんや

※バックアップ/ こうへい、そうあ、4年そうた、4年けんと



【試合結果】

( 1回戦 vs グラシア )
■スコア/ 3-5 負け
■得点者/ みずき×2、かい



■総評/ 清澤

【テーマ】 
スペースを探しながらプレーする。


(コーチ感想)
まずは、会場運営して頂いた田名SCさん、本日は誠にありがとうございました。
またご対戦頂いたグラシアさん、暑い中応援してくださった保護者の皆様、心より厚く御礼を申し上げます!

市内の強豪チームのひとつといきなりの対戦となりました。
内容は、序盤に基礎的なミス(トラップ)の連発からあっと言う間に0-4という展開。
徐々に勢いが持てるようになり、すると、みるみる点差を縮めて、3-4まで追い上げました。
追いつけるかもしれない様相も見えていた後半ロスタイム。
ハーフライン付近で痛恨のファール。
高いボールを蹴られ、直接ゴール。
蹴れる相手に痛いミスでした。

■収穫
・かい

序盤から思い切ったプレーを見せ続け、ついに練習での好調さを試合でも見せられるようになってきました。
(↑ふうまはかいを参考にすると、完全ブレイクしますので早くそうなれるよう頑張ってほしい)
・しゅんと

抜群に上手なインターセプトを終始連発。この集中力はとても素晴らしいです。
・えいたんのファインセーブ。
相変わらずいい!

最初の4失点のきっかけである、トラップの能力の低さ。
もし丁寧にトラップ出来ていたら、失点はグンと減り、逆にチャンスの場面ばかり。
どんなボールもトラップ出来る基礎技術の修得が急務。
また思い通りの位置にボールを置くトラップの種類を身に付けることも。
トラップの基礎を上げることで、こんな失点を無くしていきたいと思います。

★今後の課題
戦術0(自由)がブレッサの理想ですが、
力を出しやすいプレーの仕方を、一旦タクティクストレーニングの中で入れて行った方が子供達にピンと来るのも早いかも。
(そこから個々に応用出来ることを伝え、オリジナリティを創出してみたいと思います)
なので、やってみます!



以上です。
取り急ぎ、ご報告申し上げます。

2019.09.01 5・6年生 JFA U-12後期リーグ(県央地区予選) Eブロック 第7節

August 31, 2019

試合結果報告書

◎カテゴリー《 5・6年生 》

◎試合種別《 JFA U-12県央地区後期リーグ 第7節 》

 

■日程/ 9月1日(日)

■天候/ 晴れ

■場所/ 厚木市戸田小学校

■帯同/ 清澤、りゅうとコーチ、長谷川さん

■試合形式/ 8人制15分ハーフ×1試合

■対戦相手/

第7節・ペアーズ戸田SC(厚木市)

■フォーメーション/ 3-1-3

 

(公式戦メンバー)

※右から

GK/ 5年かい

DF/ うめちゃん、れいま、つばさ

MF/ 5年まなと

FW/ 5年みずき、しんちゃん、5年ふうま

 

※バックアップ/ さきな、5年しゅんや、5年こうへい、5年そうあ、

 

 

 

【試合結果】

 

( 第7節・ペアーズ戸田SC )

■スコア/ 1-1 引き分け

■得点者/

 

 

■リーグ戦績

1勝4敗2分 勝点5

 

 

 

■総評/ 清澤

 

【テーマ】

スペースを探しながらプレーする。

 

 

(コーチ感想)

まずは、会場運営及びご対戦頂いたペアーズ戸田SCさん、本日は誠にありがとうございました!

また連日暑い中、応援してくださった保護者の皆様、心より厚く御礼を申し上げます!

 

 

さあ、昨日の続きです!

さらに力を引き上げていきましょう!

先週抽出した課題に基づき、公式戦等で緊張しても『やることを迷わなくなるよう』

、培ってきた力の試合での出し方を知ること。

 

慣れてきたのでしょう。

序盤から子供達の迷いやパニックが、かなり消えていました。

 

試合運び、ボールポゼッション、崩しも中々良くなっており、この1週間の成果が顕著に表れておりました。

 

試合の方は、

4回もあったGKとの1対1を外し、ロスタイムに相手クリアボールのトラップミスから失点につながる痛恨の引き分けで終わりました。

 

どんなボールもトラップ出来る基礎技術。

思い通りの位置にボールを置くためのトラップの種類、これら基礎のトレーニングも今一度見直していきたいと思います。

 

★今後の課題

戦術0がブレッサの理想ですが、

力を出しやすいプレーの仕方を、一旦タクティクストレーニングの中で入れて行った方が子供達にピンと来るのも早いかも。

(そこから個々に応用出来ることを伝え、オリジナリティを創出してみたいと思います)

なので、やってみます!

 

 

 

以上です。

取り急ぎ、ご報告申し上げます。

Please reload